ALL POST 洋楽アーティスト 海外セレブ ゴシップ ニュース

ゼイン・マリク、初のソロ、デモ音源を発表!ノーティ・ボーイとコラボ

snap via Twitter

現地時間30日にDJ.ノーティ・ボーイ(Naughty Boy)が、

1Dを脱退したゼイン・マリクとの初のコラボ曲「I Won’t Mind」をTwitterでSound Cloudに音源を載せ発表。

話題となっている。

スポンサードリンク

snap via Naughty Boy

ノーティ・ボーイは、昨年から去年に掛けてグラミー賞などの音楽賞を総なめにした

サム・スミス(Sam Smith,22)の共同作業者として知られ、

自身も2015年のグラミー賞最優秀アルバム賞ノミネートを始め、

数々の音楽賞を受賞してきた実力派ミュージシャン

ゼイン・マリクが1D脱退前からコラボやフィーチャーの相手とされてきた人物。

Naughty Boy  “La La La” ft. Sam Smith






そして今回ノーティ・ボーイにより発表されたゼイン・マリクの初ソロデビューとなるデモテープを発表。

「さあお喋りな君たちへ音楽を。後で僕らに感謝してね。」

ゼイン・マリク&ノーティ・ボーイ “I Won’t Mind”

ゼイン・マリクが歌っているとのことだが、本当にゼイン?って思ってしまう。

曲調は少しもの哀しげな感じがするけどいい曲みたい。

UP DATE:2015/4/1:このデモ音源はワン・ダイレクションの4枚目のアルバム『Four』の

未発表曲らしく、1DファンのダイレクショナーやDir達から集中砲火を受けて、

現在はSound Cloud上からデモ音源は削除されて聞けなくなってしまっている。

Twitterでは、ゼインの迷走を憂う声が占めている感じだ。

またノーティ・ボーイがゼインの脱退とソロデビューをそそのかしたとの声が

多くのダイレクショナー達から聞こえている。

一方で英サン紙によれば、ゼイン・マリクのソロデビューのマネジメント権利などを、

1Dが発掘された「The X Factor」のホストである音楽プロデューサーのサイモン・コーウェル(Simon Cowell,55)が

代表を務めるレコード・レーベルの「サイコ・エンターテイメント(Syco Entertainment)」からリリースされるとの情報も。

ゼイン・マリク、1D(ワン・ダイレクション)に戻ってきてー!

続報:ルイ・トムリンソンと1Dファンが激怒!ゼインに関してノーティ・ボーイとTwitterで舌戦!




LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!