ALL POST 海外セレブ ゴシップ ニュース

『1D』ゼイン・マリク、ワン・ダイレクション脱退を正式発表、経緯と真相を探っていく。

snap via Instagram

ゼイン・マリク(Zayn Malik,22)が、英ボーイズグループ『1D』こと「ワン・ダイレクション(One Direction)」を

脱退することをワン・ダイレクション(One Direction)が正式に発表した。

ゼインは現在ワールドツアー『On The Road Again Tour』を離脱して話題となっていた最中だった。

ゼインの脱退へと繋がった経緯と真相を探っていく。

ゼイン・マリク、1D脱退後初、英SUN紙のインタビューに答える、ソロ活動を開始。

スポンサードリンク

After five incredible years Zayn Malik has decided to leave OneDirection. Niall, Harry, Liam and Louis will continue as…

Posted by One Direction on Wednesday, March 25, 2015

ゼイン・マリク、1D脱退を正式発表。

2010年デビュー以来、爆発的な人気を博してきた英ボーイズグループ「ワン・ダイレクション」、

ワールドツアー『On The Road Again Tour』の真っ最中に、中心メンバーの1人、

ゼイン・マリクゼイン・マリク(Zayn Malik,22)が現地時間3月26日17時に脱退することを正式に発表。

1Dは、『On The Road Again Tour』を2月7日のオーストラリア・シドニー公演からスタートさせ、

2月24日~3月2日までは、日本公演を大阪、東京で計6日間の日程で大成功させて、

今、最も波に乗っている最中、衝撃ニュースは今、世界中を駆け巡っている。

ゼイン・マリクの声明

「ワン・ダイレクションでの僕の人生は想像を遥かに超えるものでした。

しかし、5年を過ごしてきて、今がバンドを離れるのにちょうどいい時期だと思ったからです。

僕は、もし誰かを悲しませるのだとしたら、ファンに謝りたいと思います。

でも僕は正しいと思ったことをやらなければならないのと思うのです。

僕は普通の22歳としてスポットライトの外でリラックスしてプライベートタイムを

過ごしたいために(1D)を去ることにします。

僕にルイ、リアム、ハリーそしてナイル、4人の生涯の友人がいて、

そして彼らが世界で最高のバンドであり続けることを僕は知っています。

 “My life with One Direction has been more than I could ever have imagined. But, after five years, I feel like it is now the right time for me to leave the band. I’d like to apologise to the fans if I’ve let anyone down, but I have to do what feels right in my heart. I am leaving because I want to be a normal 22-year-old who is able to relax and have some private time out of the spotlight. I know I have four friends for life in Louis, Liam, Harry and Niall. I know they will continue to be the best band in the world.”

 

ワン・ダイレクション:メンバーの声明

「僕たちはゼインが脱退することをとても悲しく思っています。

しかし、僕たちは彼の決断を完全にリスペクトしており、

そして彼の未来に僕ら全員の愛(love)を送ります。

過去5年間は驚きを超えたものでした。

あまりにも多くのことを我々は共に経験しました。

ですので、私たちはこれからも常に友達であり続けます。

私達4人はこれからも(1D)を続けます。

私たちはニューアルバムのレコーディング、

ワールドツアーの次のステージで全てのファンと会うことを楽しみにしています。」

 “We’re really sad to see Zayn go, but we totally respect his decision and send him all our love for the future. The past five years have been beyond amazing, we’ve gone through so much together, so we will always be friends. The four of us will now continue. We’re looking forward to recording the new album and seeing all the fans on the next stage of the world tour.”

 

 

「1D」プロデューサー:サイモン・コーウェルの声明

(ワン・ダイレクションが選出された英オーディション番組『The X Factor』のホスト兼 審査員)

「私はゼインがこれまでにワン・ダイレクションでやってきた全てのことに対して有難うと言いたいです。

2010年にゼインに最初に会って以来、

ゼインにますます惚れ込んでいき、大きな誇りを彼に感じていました。

自信とともに成長する彼を見てきて、そして今このように彼が去ることがとても悲しいです。

ワン・ダイレクションに関して言えば、

ネイル、リアム・ハリー、ルイスはこのバンドの未来にとても期待していますので、

ファンの皆様はそのことに関してはご安心ください。」

“I would like to say thank you to Zayn for everything he has done for One Direction. Since I first met Zayn in 2010, I have grown very, very fond – and immensely proud – of him. I have seen him grow in confidence and I am truly sorry to see him leave. As for One Direction, fans can rest assured that ‎Niall, Liam, Harry and Louis are hugely excited about the future of the band.”

参照元:One Direction




ゼイン、メンバーとの不仲、孤立もあったという。

ルイ・トムリンソンとの大麻(マリファナ)吸引動画流出後、かなりバッシングがあったゼイン。

昨年のアメリカン・ミュージック・アワードを1Dが受賞した際には、体調不良のためにアメリカ入りが遅れ、

米NBCの朝の情報番組「TODAY」の司会者マット・ロウアーから

「SNSなんかでは、薬物乱用疑惑などが噂されているが、もっと深刻な問題で欠席したのでは?」

と聞かれたこと対して激怒していることが報じられた。

snap via Twitter.com

1Dのプロモーション活動に欠席することが目立つようになってきたゼイン・マリク、

またソロ活動を開始して米ラッパーのノーティ・ボーイ新作アルバムにゼイン単独でフィーチャーするなど、

メンバーは「ゼインが1Dと距離を置きたがっている」と感じて、

フラストレーションが溜まっていると関係者が英「Star」誌に語ったばかりだった。

またゼインはメンバーのハリー・スタイルズとの間に不和があると1D関係者が

英デイリー・ミラー紙に認めた直後の脱退だった。

 

ゼイン・マリクは、

ルイ・トムリンソンの母親の結婚式(再婚)に

メンバーでただ独り、出席しなかった。

2014年7月に執り行われたメンバーのルイ・トムリンソンの母親の結婚式に、

ゼイン・マリク以外のメンバーが出席する中、

ルイとはオーディション以来の一番の親友同士として知られていたゼインはただ一人出席せず、

彼女で婚約者のペリー・エドワーズとその家族と一緒に過ごしたのだという。

ルイはこの件に関してとてもガッカリしており、

「ゼインがペリーと一緒に来てくれれば歓迎するつもりでいたのに。」と語っている。

ただし、後述するとおり、その2ヵ月前の2014年5月には、

ルイとゼインの大麻(マリファナ)吸引動画が全世界に広がり、ゼインは激しくバッシングされた。

どうやらルイがゼインを色々とそそのかしているとの憶測がされており、

もしルイがゼインを色々と”そそのかして”いたのが、それが事実ならば、

ゼインはこの一件に関して、「ルイと距離を置きたい。」と考えるようになった可能性も否めない。

ただしこれは全くの憶測であるが。

関連:『1D』ルイがプロサッカー選手デビュー、彼女エレノア・カルダーも特集!




ゼイン・マリクは、

ラッパーとしてソロ活動を開始した直後。

DJノーティ・ボーイ(Naughty Boy)の新作アルバムにラッパーとして参加、

ゆくゆくはラッパーとして活躍したいと語っていたことでも話題となったばかりだった。

snap via Naughty Boy talks working with Zayn Malik

 

ゼイン・マリクは、

近年過度のストレスにより大変不安定だった。

2013年6月には、ゼインはストレスによる激ヤセが話題となった。

関連:1Dゼイン・マリク、体調不良、薬物疑惑に激怒!殺害予告事件、過去の激ヤセ、大麻、婚約etc まとめて特集

 

昨年、2014年の5月には

南米ペルーでメンバーのルイ・トムリンプソンとの

大麻(マリファナ)吸引動画が流出し、

全世界のファンを悲しませる結果となってしまった。

Taking in the sights and smells: At one point, Louis pans to the streets and says he's capturing the local culture. He asks Zayn, 'How's that kind of culture?' as they pass around the 'joint'

関連:『1D』のゼインとルイの大麻(マリファナ)吸引動画が全世界で波紋!

この事件を機に悪名がついてしまったゼインとルイのコンビ。

ゼイン・マリクは、ファンから殺害予告を受けていた。

昨年7月には、パレスチナ暫定自治区のガザ地区へのイスラエル軍による空爆に対して、

「#フリー・パレスチナ」とハッシュタグ付きのツイートをしたことで話題となり、

数分後にはイスラエルのファンから殺害予告を受けるもツイートは現在でも削除していない。

 

関連:1Dゼイン・マリク、体調不良、薬物疑惑に激怒!殺害予告事件、過去の激ヤセ、大麻、婚約etc まとめて特集

 

ゼイン・マリクは浮気報道の真っ最中だった。

ゼインは1Dの妹分とも言われる、同じ英オーディション番組『The X Factor』から選出された

英ガールズ・グループ「リトル・ミックス(Little Mix)」のペリー・エドワーズと婚約中であり、

今回のワールドツアー『On The Road Again Tour』

タイでバックパーカーの女性ローレン・リッチさんとラブラブになっている浮気写真を、

ローレン・リッチさんのインスタグラムに投稿されてしまったことが全世界で浮気報道されたことにより、

精神的に追い詰められており、ツアー離脱の原因になったと話している。

関連:『1D』ゼインの婚約者ペリー・エドワーズがマドンナに激似!

関連:“1Dの妹分”『リトル・ミックス/Little Mix』UKガールズグループが人気!

snap via mirror.co.uk





ゼイン・マリク、薬物問題がやはり脱退の真相か!?

ゼイン・マリク、それとも愛の為の脱退か?

ワールドツアー『On The Road Again Tour』のフィリピン・マニでの日程に際して、

薬物犯罪に厳しいフィリピン政府からゼインとルイの2人に関しては、Yahoo!によると、

薬物使用をうわさされていたためにフィリピン入国にあたり3,000ポンド(53万円)を

支払わなければならなかったゼインは、アジアでの3公演を降板するものの、

今月28日に行われる南アフリカ共和国のケープタウン公演には復帰するとみられている。

ワールドツアー『On The Road Again Tour』の日程で22日に、

香港でのレコーディングが予定されていた1Dメンバー、

1人ゼインは突然の離脱をし英国に帰国。

18日には、ゼインのワールドツアー中のタイのプーケット島でのバックパーカーの白人女性との熱々ショットに対して

Twitterで、「僕の大切な女性はリトル・ミックスのペリー・エドワーズだけだ。」と弁解し話題に。

ペリー・エドワーズはとても怒ったことが報道されている。

焦ったゼインは英「デイリー・ミラー」誌によるとペリーに会いに英国に帰宅、

実際にペリーに会ったものの、ペリーは大きな荷物を持って出ていってしまった。

とここまでは、ペリーとの結婚を前提、もしくは既に入籍しているとの憶測も飛び交っているが、

両者アイドルで多忙の為に、結婚式の延期が続いており、ペリー・エドワーズとの愛の結婚生活の為に、

ツアーを離脱、1D脱退という憶測がされているが、

HOLLYWOODSNAPとしての完全な憶測の話として、

もし、フィリピン政府からの要望で入国の際に薬物検査を義務付けられていたとして、

ゼイン・マリクが仮に何らかの薬物を使用していたとしたら、それを1Dのマネジメントサイドが察知し、

またそれに関して、何らかの捜査機関がワン・ダイレクション及びゼインに対して問い合わせをしており、

ゼインと話し合い、薬物問題でワン・ダイレクション全体に被害が及ぶ前に、

ゼインを脱退させたという考え方も出来ないわけではないだろうか。

そうすると、脱退記者会見もなしの突然のワールドツアー離脱中に、

とにかく発表を急ぎに急いでのFacebook上での文面のみの脱退発表という異例の事態に辻褄が合う。

英デイリー・ミラー紙のWEB版では、ゼイン脱退の2~3日前に既にアンケートを行っており、

「ゼインがいないほうが1Dはより良くなるか?」との驚くべき質問。

これに対して36%と実に3分の1以上がYESと回答するという驚愕の結果

すでに本家イギリスではゼイン・マリクの1D脱退もあり得るという認識。

英国では1Dに対して暖かい目線が送られてきたのに、予想外というより驚愕の途中経過だった。

snap via Mirror

最終結果では、なんと35%もの人がゼインが脱退したほうが1Dはより良くなると回答している。

これは、ゼインの衝撃の脱退発表前の英国で1.2を争うほど1Dニュースを取り扱ってきた

英デイリー・ミラー紙の調査結果であり、相当数(10万人規模)の1Dの現地ファンが投票しているはずだ。

脱退発表前に、このようなアンケートを行っていること事態に非常に驚いたが、

現地イギリスではゼイン・マリクが脱退をしなければならない何か濃厚な情報を掴んでいたのだろうか。

勿論、これは完全なる憶測であり、ゼイン・マリクのファンの方が不快に感じたら誠に申し訳ないが、

HOLLYWOODSNAPでは、ゼイン・マリクを1ファンとして1Dメンバーの中で、

一番大々的に報道してきたのも事実であり、その上での憶測であることをご理解頂きたい。

 

大方の見方では、ゼインは「一般人に戻りたかった。」

Zayn Malik leaves his North London Home after announcing his departure from One Direction
写真:英Daily Mirror: 脱退発表後、初めて報道陣から写真を撮られたゼイン

 

英デイリー・ミラー紙によれば、ゼインは友人に

「僕は自分で決断をしようと思う。とても平和な気持ちだ。

一挙手一投足を写真に撮られてインターネットに投稿されるのは望んでいない。

しばし姿を隠してノーマルな人生を送りたい。僕は幸せに向かうんだ。」

ゼインがいなくなるのは、正直悲しすぎるとしか言いようがない。本当にショッキングで残念。

ゼイン・マリクがワン・ダイレクションに戻ってきてくれるなんてことはないのだろうか。

ゼイン・マリク、脱退後24時間以内にレコーディングスタジオへ、ソロ活動を開始?脱退の真相は如何に。





LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!