ALL POST 海外セレブ ゴシップ ニュース

ゼイン・マリク、1D脱退後初、英SUN紙のインタビューに答える、ソロ活動を開始。

1Dのゼイン・マリクが脱退から一夜明けた現地時間3月27日に、

英SUN紙の電話による独占ロングインタビューに応じていたことが分かった。

メンバーとの不仲説を否定する一方で、

“彼はとても長いこと(バンドを)脱退したがっていたことをハッキリと明らかにした。”

ゼイン・マリクの香港でのラストコンサートでの涙した動画、驚きの高音域の歌声なども紹介。

スポンサードリンク

ゼイン・マリク(Zayn Malik,22)

1D脱退後初の英SUN紙による電話インタビュー

インタビューはゼインが現地時間3月25日午後17時に脱退表明後のわずか6時間後に、

電話で英SUN紙のダン・ウートン(Dan Wootton)氏との間で行われた。

ゼイン・マリクは、電話インタビューで

ワン・ダイレクション脱退表明に関して口を開いた。

インタビューで、ゼイン・マリク(22)は、

1Dワールドツアーのアジアツアー中にストレスにより自宅へとフライトして帰った数日後の水曜日に、

バンドを脱退したことを認めた。

ゼインは決断についてこう答えた。

「それはクレイジーでワイルドで泥沼状態だったんだ。でも自分でコントロールして決めたんだ。」

「そして僕は正しいことをしたと思っているよ、僕にとっても、メンバー達にとってもね。」

「でも、人生の全てをコントロール出来るとは思っていないよ。」

バンドのメンバー間に数年来、”不仲説” 緊張状態が あったと 報じる

メディアについて、ゼインは素早く反応した。

ハリー・スタイルズ (21)、ルイ・トムリンソン(23)、ナイル・ホーラン(21)、そしてリアム・ペイン(21)

との間 の亀裂、不仲説に関する話を否定した。

「それは僕らの間にネガティブな雰囲気があったってこと?」

「正直言って、彼ら(報道メディア)は間違っている。」

しかし代わりに、英SUN紙にはこのように掲載されている。

“彼はとても長いこと(バンドを)脱退したがっていたことを、

(電話インタビュー)でハッキリと明らかにした。”と掲載。




 

婚約者である 「リトル・ミックス(Little Mix)」の

ペリー・エドワーズ(Perrie Edwards)に対しては、

「とてもサポートしてくれ—-素晴らしい女の子だよ。」とベタ褒め。

また2年間に及ぶ婚約状態が解消されたことはないと話している。

(2人は脱退後すぐに同じ場所で撮影されていることから、すぐに会って愛を確かめ合ったと思われる。)

 

One DirectionファンのDir達へは、

「分かるよね、僕は暫くの間、自分の為ではない誰かの為、 他の人々の幸せの為に、

僕自身はハッピーでないことをそれなりにしてきたんだ。」

「それは主にファンのためだったんだ。

僕はファンの為にそれをしようと挑戦してきて、 それは全てファンの為だったんだ。」

「基本的にファンを悲しませてしまったかもしれないことに対して一番僕は苦しんでいる。

これだけは起こって欲しくないことなんだ。 」

「ファンに背中を向けることでも他でもない。僕はもうこれ以上本当の僕でないことは出来ないんだ。」  




 

ゼイン・マリクは、ラストコンサートとなった3月18日の香港でのライブで

既に脱退を決意していたのか涙していたことが話題となっている。

世界中のDir達は悲しみに暮れるとともに、

ゼインの驚愕の超高音域の歌声を称賛している。↓

スポンサードリンク

 

ゼイン・マリクは現在、既にソロアルバムリリースの為に、

ウエストロンドンのノーティ・ボーイ(Naughty Boy)のスタジオで収録中。

snap via Instagram

ノーティ・ボーイ(Naughty Boy)は、

去年から今年にかけてグラミー賞などの音楽賞を総なめにしたUKのシンガー、サム・スミス(Sam Smith,22)の

共同作業者として知られ、サム・スミスの大躍進に貢献したと評価されている人物。

ゼイン・マリクの今後のソロ活動に期待したい。

でも正直、ワン・ダイレクションのゼイン・マリクをもっと長く見ていたかった。




 

関連:『1D』ゼイン・マリク、ワン・ダイレクション脱退を正式発表、経緯と真相を探っていく。

関連:ゼイン・マリク、脱退後24時間以内にレコーディングスタジオへ、ソロ活動を開始?脱退の真相は如何に

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!