ALL POST パパラッチ動画 海外セレブ ゴシップ ニュース

女優ウィノナ・ライダー、万引き、薬物所持で逮捕、有罪判決

via:losangeles.cbslocal.com

1993年のゴールデングローブ賞助演女優賞を『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』で受賞し、

『17歳のカルテ』、『ブラック・スワン』など数々のハリウッド映画に出演する大女優ウィノナ・ライダー(42)は、

2001年12月12日にロサンゼルスの高級デパート「サックス・フィフス・アベニュー」で

5500ドル(1㌦100円換算で55万円)の衣料品を万引き、その様子は防犯カメラに記録されており保安官に確保された。

同時に麻薬所持の疑いでも逮捕された。

2002年11月6日の裁判では、3年の保護観察と480時間の社会奉仕活動、1万ドルの罰金という

「有罪判決」が決定した。

しかし、この判決は、2004年には「重罪」から「軽犯罪」に減刑されている。

参照元:Mail Online

参照元:Winona Ryder charged with shoplifting and drugs offence

これだけ美しく実績のある女優が、こんなことで逮捕されるとは、麻薬が招く判断能力の欠如であり恐ろしいことだ。

才能と美貌を兼ねそろえた女優がドラッグで判断能力を鈍らせるのは残念だ。

逆に言えば、栄光を極めた大女優ですらドラッグにより正常な判断が出来なくなってしまうということだろうか。

英紙「デイリーメール」によると、

ウィノナ・ライダーは、10代の頃、カリフォルニア州で育ち、サイケデリックドラッグを推奨するヒッピー文化に浸っていたと言われている。

以下はデパートの防犯カメラに映ったウィノナ・ライダーの万引きの記録映像だ。





LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!