ALL POST 海外セレブ ゴシップ ニュース

代理出産成功のタイラ・バンクス、不妊症の苦悩を泣いて明かす

タイラ・バンクス
SNAP via:galleryhip.com

オーディション型リアリティ番組『アメリカズ・ネクスト・トップモデル』のホスト兼監督を務める元スーパーモデルのタイラ・バンクス(42)に代理出産で第1子が誕生した。またTVトーク番組で過去に不妊症の辛さを泣いて告白していた。

スポンサードリンク

■ 不妊症に泣いたタイラ・バンクス、代理出産で第1子を授かる。

タイラ・バンクス
SNAP via:shemazing.net

昨年9月に不妊症であり代理出産の為に体外受精を試みたことを告白したタイラだが、2年半ほど交際している恋人のエリック・アスラとの間に、男児ヨーク君が代理母から誕生したことをインスタグラムでファンに報告した。

「私達が共に一生懸命に働き、祈っていた最高のプレゼントが遂にこうして届いたわ。赤ちゃんは私の指と大きな目、パパのエリックの口とあごを受け継いでいるの、私達に奇跡の赤ん坊の男の子をもたらしてくれた天使のような女性に感謝し、この喜びに満ちた人生の記念日に辿り着くのに苦労している全ての人々に祈りを捧げます。ヨーク・バンクス・アスラ(York Banks Asla)、この世界へようこそ」



■タイラ・バンクス、不妊症の苦悩をTV番組で泣いて明かす。

タイラ・バンクス 不妊症の辛さを泣いて明かす

タイラが昨年9月米ピープル誌に語った内容によると、40歳になって人生に一つだけ足りないことは子供が居ないことで、年齢と共に決心がつき辛くなり、体外受精はトラウマになるほど苦しい経験で妊娠がすんなりといかない苦悩を嫌というほど味わったという。

タイラはTVトーク番組「FABLife」で不妊症の辛さを泣いて語ったことがある。

この番組では不妊治療を受けているモデルのクリスシー・テイゲンが妊娠に至るまでの障壁とその苦悩を明らかにし、「なぜ子供を作らないの?いつ生まれるのよ?」と何気なしに聞かれることに嫌気がさしていると語ったことに端を発して、不妊症に対して理解のない人々の心無い発言に気づ付けられてきた気持ちをタイラも告白した。

「私もクリスシーに同意だわ、人々は理解が無さすぎるのよ」

「”いつ子供は生まれるの?”って聞いてくる人は、(不妊症の)人々がどれほどの想いで過ごしているかを分かりっこないでしょうね、だからあなたがチェシーや私や他の誰かに”なぜあなたは子供を作らないのですか?”と聞くならば、それはいまいましいあなたの関わる話ではないの、OK?」

「”いつ生まれるの?いつ生まれるの?”って?そんなの分かりっこないわよ!」

そのような精神的な苦悩を乗り越えたタイラは、頼られるような母親になりたいと明かしていた。

タイラ・バンクスは2009年の米経済誌フォーブスの「最も稼いでいる女性セレブ」で年収3000万ドル(約36億円)を稼ぎ出して1位に君臨したこともある。




HOLLYWOODSNAPを応援して下さい。

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!