ALL POST HIPHOP/R&B 海外セレブ ゴシップ ニュース

ホイットニー・ヒューストンの娘の昏睡は殺人事件説が濃厚

画像:pagesix.com

今年1月31日(土)に奇しくも母と全く同じ状況で自宅の浴槽にうつ伏せで沈んでいる姿を幼い頃から同居する義理の兄で内縁の夫ニック・ゴードンと夫の友人のドラッグの売人マックス・ロマス氏に発見され、病院で昏睡状態のままでいる歌手の故ホイットニー・ヒューストンの娘のボビー・クリスティーナ・ブラウン(22)の事件について続報をお届け。

ニック・ゴードンは長年にわたり定期的にボビー・クリスティーナ・ブラウンの口座から自身の口座へお金を送金し、クリスティーナが昏睡状態に陥った後も11,000㌦(約135万円)を自身の口座に送金していたことが判明。

度重なる常軌を逸した身体的暴行により、ボビー・クリスティーナ・ブラウンの全身に痣があった事実も医師の証言により判明している。

スポンサードリンク

ボビー・クリスティーナ・ブラウン(22)

浴槽でうつ伏せで発見時、歯が折れていた。

画像:pixgood.com

ボビー・クリスティーナ・ブラウンが浴槽でうつ伏せで発見され、その後病院に搬送された際に、口が腫れ上がっており、すでに同居生活中にニック・ゴードンの暴行によってへし折られていたことが確認されている前歯とは別の歯がへし折られていた新事実が発覚。米TMZは繰り返し事件性を主張している。

 

ニック・ゴードン、総額49億円の

訴訟をクリスティーナの家族から起こされる。

画像:Instagram

前回記事で既に事件性として捜査が行われていることをお伝えしたが、

今回新たに現地時間6月24日(水)に、内縁の夫ニック・ゴードンに対してボビー・クリスティーナ・ブラウンの家族から総額4000万㌦(約49億円)求める訴えを起こされたことが明らかとなった。

さらに、ニック・ゴードンは長年にわたり定期的にボビー・クリスティーナ・ブラウンの口座にあるホイットニー・ヒューストンの遺産を自身の口座へ送金し、クリスティーナが昏睡状態に陥った後も11,000㌦(約135万円)を自身の口座に送金していたことが判明している。

 

ホイットニーヒューストンの遺産(23.7億円)は

全てボビー・クリスティーナ・ブラウンが相続

画像: judiciaryreport.com

米Insight Editions.comによると、

1993年にクリスティーナを妊娠中に書かれた故ホイットニー・ヒューストンの遺言により、

ホイットニー・ヒューストンの遺産2,000万ドル(約23億7,660円)は、

全て一人娘で昏睡状態であるクボビー・クリスティーナ・ブラウンが、

21歳の2014年、25歳になる2018年、30歳になる2023年の3回に分けて全額を相続される予定だった。

スポンサードリンク




ニック・ゴードンは養子としてヒューストン家に

画像:cnn.com

12歳の時に自身の父親が刑務所入りしたの際に、ホイットニー・ヒューストンに気に入られて養子としてニック・ゴードン(25)がヒューストン家へやってきた。

ヒューストン家は歌手ホイットニー・ヒューストンと夫で歌手のボビー・ブラウン、そして娘のボビー・クリスティーナ・ブラウンが住んでいた。

容姿端麗なニック・ゴードンがホイットニー・ヒューストンに気に入られたのは容易に想像がつくが、悲劇の始まりはこの時にあったのかもしれない。

その後2012年2月11日にグラミー賞の授賞式を翌日に控え、クライヴ・デイヴィス主催の前夜祭パーティーに出席する予定だったホイットニー・ヒューストンがビバリーヒルズのホテルの浴槽でうつ伏せで沈んだ状態で発見。遺体からはコカインが検出された。(元々コカイン中毒だった。)

この悲劇を2人で乗り越えることで慰め合う関係へ発展しその後婚約を発表するが、2人は入籍はしていなかった。

一家を追ったリアリティードラマの「ザ・ヒューストンズ:オン・アワー・オウン(原題:The Houstons: On Our Own)」では、二人は愛し合っていると語っていたという。

 

常軌を逸した身体的暴行は日常的に

画像:Instagram

ジョージア州アトランタ近郊のロズウェルの自宅周辺の住民は2人が言い争う声を頻繁に聞いていたという。

そして、ボビー・クリスティーナ・ブラウンは日常的に殴る蹴るの暴行をニック・ゴードン氏から受けており、そのことを頻繁に友達に相談し別れる決心もしていたと友人は証言している。

またクリスティーナの担当の医師の証言からは、ニック・ゴードン氏がボビー・クリスティーナ・ブラウンの前歯を殴打によってへし折ったこと、クリスティーナの髪を掴んだまま二階へ引きずって上がったことがあると発表された。

頻繁なDVにより医師による診察を受けていたクリスティーナ、事件当日の1月31日も相談していた親しい友人と会う約束をしていたが、浴槽にうつ伏せの状態で発見された。

確かにインスタグラムの写真からはボビー・クリスティーナ・ブラウンの前歯が掛けているのが確認出来る、また大人の前歯というものは個人差はあるものの至近距離からの相当な強度での打撃でも折れないほど頑丈に作られているために尋常ではない力と殺意(未必の故意)を込めて殴ったことが推測される。

すでに2月7日の時点で警察によりニック・ゴードン氏と第一発見者のドラッグの売人マックス・ロマス氏は警察による取り調べを受けており、双方の証言に食い違いがあり、互いに弁護士を雇っている。

スポンサードリンク




ニック・ゴードンは病院も出入り禁止に

以上の様々な状況からクリスティーナの父でR&Bシンガーのボビー・ブラウンは、ニック・ゴードン氏が仮に昏睡状態の娘に面会に来ても絶対に通さないようにクリスティーナが入院する脳神経学の専門医が集まるアトランタのエモリー大学病院の病室前にセキュリティを配備しまた親族らでガードを固めてきた。

そもそもニック・ゴードン氏はこのことを理由にまだ一度も病院を訪問していないという親族側の主張、ニック・ゴードン氏は門前払いを食らったと主張している。

 

 

ボビー・クリスティーナ・ブラウン死亡は秒読み

回復は絶望的、生命維持装置取り外しへ

画像:theurbandaily.com

ボビー・クリスティーナ・ブラウンは長期に渡り”植物状態”となっており、その回復は絶望的と早期に判断されていたが、父ボビー・ブラウンの奇跡を信じたい強い意向により莫大な費用を掛けて生命維持装置による延命処置が行われてきたものの、先日とうとうボビー・ブラウンが取り外しを決意したことがニュースとなった。

現在は終末医療の為にエモリー大学病院を退院し、ホスピスへ転院、生命維持装置の取り外しを行っている。

その為に米TMZによると亡くなるのは時間の問題であり、関係者は「神のみぞ知るでしょう。」と話しているという。

ボビー・クリスティーナ・ブラウンの無念の為にも徹底した捜査と訴追が行われることが求められる。

続報:ホイットニーヒューストン娘ボビー・クリスティーナが死去 発見時に顔と全身に痣、殺人事件として警察捜査

関連:ホイットニー・ヒューストンの娘ボビー・クリスティーナが危篤、事件性と遺産を巡る親族の争い

関連:ホイットニー・ヒューストンの娘、ボビー・クリスティーナ・ブラウン、事件数日前に重大交通事故起こす、意識回復の兆しも

記事参照元:TMZ

スポンサードリンク





PLEASE FOLLOW & LIKE US!

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!