ALL POST 海外アスリート 海外セレブ ゴシップ ニュース

ミッキー・ロークのボクシング、やはり八百長だったと判明か。

ハリウッド俳優、ミッキー・ローク (62)が先日ロシアで行ったプロボクシングの試合が八百長であったと判明。

対戦相手の米プロボクサー、エリオット・シーモア (Elliot Seymour,29歳)は、

米TMZ SPORTSに対して、負け試合をミッキー・ロークから、15000㌦で請け負ったと話し、

10000㌦(約119万円)は受け取ったものの、5000㌦(約59万円)の未払い金があると話し話題となっている。

スポンサードリンク

11月28日(現地時間)にロシアのモスクワでエキシビションマッチとしてミッキー・ローク(62)は、

プロボクサーのエリオット・シーモア (Elliot Seymour,29歳)と対戦、

第2ラウンドでボディーへのパンチにより、2度のノックダウンを奪いKO勝利を果たした。

ミッキー・ロークは、ハリウッド俳優としての絶頂期にプロボクサーになり試合に出場したことがある。

今回の試合の対戦相手エリオット・シーモアは、戦績1勝9敗の選手

SNAP:tvguide.com

米TMZ SPORTSに対して、15000㌦で請け負ったと話し、

「未だに残りの5000㌦(約59万円)の未払い金がある。」と話している。

これに対して、ミッキー・ロークのマネージャーが後日TMZに回答。

「私は可哀想な子がただマスコミの注目を浴びるためには何でも大げさに言っているだけだと思いますよ。」

「彼は来週、残りの5000㌦を受け取ることになるでしょう。」

と話している。

当初から、あまりにも不自然なノックダウンを繰り返したために、「絶対に八百長だろう。」と

TMZはミッキー・ロークのことを「箱入り男」として報じてきたが、

どうやら八百長は事実であったようだ。

ただしミッキー・ロークは、俳優になる前にアマチュアボクサーをしており、

20勝4敗という文句なしの立派な成績を残しているために、

昔はボクシングの実力者であったことには違いはないだろう。

参照元:TMZ

こちらが実際の試合。

ミッキー・ロークVSエリオット・シーモア

 




 

ミッキー・ロークは、過去にも八百長を疑われている試合をしている。

1991年にプロボクサーに転向した3戦目の試合。

日本での試合:ミッキー・ロークVSダリル・ミラー

 

スポンサードリンク

 

さらに、ミッキー・ロークは、

アメリカのプロレスWWEでも笑劇ノックアウトを演じている。

 

ミッキー・ローク、リングサイド観戦中に

クリス・ジェリコから挑発されリングイン、

一撃の笑劇ノックアウトを演じる。

 




 

かつて欧米世界のセックスシンボルとまで言われたミッキー・ローク

SNAP:correio.rac.com.br

ハリウッド映画35作以上に出演。

2008年には、ヴェネツィア国際映画祭最高賞”金獅子賞”を受賞した『レスラー』を主役で演じ、ゴールデングローブ賞 主演男優賞を受賞。

1991年のプロボクサー転向による顔面の怪我から整形手術に失敗したと告白。

容姿は様変わりしているが、未だに人気の衰えないセクシー男優として活躍している。

実力者であることには変わりないミッキー・ローク、今後の活躍に期待したい。

ミッキー・ローク関連記事:ハリウッド俳優&女優、映画の役作りしすぎた9人厳選リスト

20 Actors Who Went to Crazy Extremes For Their Roles

 




 

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!