ALL POST 海外セレブ ゴシップ ニュース

元1Dゼイン、ペリー・エドワーズのツアー接近禁止令。運営のサイモン・コーウェルから禁じられる。

英ボーイズグループ、「1D」こと「ワン・ダイレクション(One Direction)」を脱退し話題となったゼイン・マリクが、

婚約者で英ガールズグループ「リトル・ミックス(Little Mix)」のペリー・エドワーズのツアーに同行することを

両グループを生み出した英オーディション番組「Xファクター」代表のサイモン・コーウェルから禁止された。

ゼインは1Dのツアーライブのスクリーン映像から既に編集されて完全排除されていると話題となっている。

ゼイン・マリクとペリー・エドワーズの最新情報満載でお届け。

スポンサードリンク

snap via en.wikipedia.org

サイモン・コーウェル(Simon Cowell,55)は、

英オーディション番組「Xファクター」のホスト兼審査員として知られており、

過去には、オーディション番組『アメリカン・アイドル』、『ポップ・アイドル』の審査員も歴任。

またレコードレーベル「サイコ・エンターテイメント(Syco Entertainment)」設立者で、

ソニーミュージックと共同オーナーとなっている凄腕音楽プロデューサー。

 

ワン・ダイレクションもリトル・ミックスも、

『Xファクター』から選出されたグループであり、

サイモン・コーウェルのサイコ・エンターテイメントからレコード契約を結んでいるために、

リトル・ミックスは、「1Dの妹分」と言われている関係だ。

snap via ladywitwicky.deviantart.com

また、レーベルオーナーのサイモン・コーウェルは、

ゼインの今後のソロ活動に関する権利も掌握しているために、

ゼイン・マリク、ワン・ダイレクション、リトル・ミックスの全てに関して影響力及ぼすボスである存在。



両グループのサイモン・コーウェルを含む運営陣は、

ゼインとペリーの交際や婚約関係に関しては認めているものの、

1D脱退後のゼインがリトル・ミックスのペリー・エドワーズの活動や契約に影響を与え、

グループのモチベーションに影響を与えかねないとして、

ソロ活動を開始したゼインをリトル・ミックスのツアー同行や

その他ペリー・エドワーズの仕事での海外遠征に同行することを禁じたのだという。

 

脱退から間もなくして先週、ゼインとペリーは、ゼインの家族とともに、

フランス・カンヌへバカンス旅行にお出かけしラブラブショットをインスタグラムに公開した。

snap via Instagram

このようなニュースを受けて、

バンドに親しい関係者が英デイリー・ミラー紙に語った内容によれば、

「ゼインは脱退を成し遂げた以上、

子犬のようにペリーのそばを付いて回ることは出来なくなるだろう。」

「重役達は、ゼインが1D脱退後に虚無感と混乱を味わっていることを心配しているが、

ゼインはその寂しさを紛らわせて幸せになるためにペリーと旅行しているのだ。」

snap via Instagram

「リトル・ミックスは、来年グループとしてとても大事な局面の1年を迎え、

新作アルバムのプロモーションを掛けてのワールドツアーをする予定で、

今までも強力な支持は得てきたものの、これからはもっと多くの人に認知されなければならない。」

「混乱や破壊はもう必要ない。ペリーはこれまでにゼインに関してインタビューを受け続けてきた。

もう音楽に集中しなければならない時期が来ている。」

さらに最後に関係者は、このように語気を強めて英デイリー・ミラー紙に語っている。

「これはゼインに聞いているのではない。告げているのだ。」




 

snap via en.wikipedia.org

またゼイン・マリクはすでに1Dの現在行われている

ワールドツアー「On the road again」のライブ会場などでのスクリーン映像から

編集されて完全に削除されていることが話題となっている。





LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!