ルーニー・マーラ、性的暴行シーンを演じ心に傷を受ける – hollywoodsnap
ルーニー・マーラ
1月. 11.

ルーニー・マーラ、性的暴行シーンを演じ心に傷を受ける

ルーニー・マーラ
SNAP via:theguardian.com

2011年のミステリー映画『ドラゴン・タトゥーの女』に出演しレ●プされるシーンを演じたルーニー・マーラが心に受けた影響を語った。

スポンサードリンク

心理学専攻ルーニー・マーラ、心の傷を好きな映画で癒す試みをしている。

ドラゴン・タトゥーの女

NFLニューヨーク・ジャイアンツの副社長ティモシー・クリストファー・マーラの娘でキャリア11年のハリウッド女優ルーニー・マーラ(30)は『ドラゴン・タトゥーの女』でのレイプシーンで受けた心の傷を癒すために、『トイ・ストーリー3』を見て忘れたそうだ。

スティーグ・ラーソンの推理小説『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』はスウェーデンで『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』として2009年に映画化、好評を受けてハリウッドで2011年に映画化となったデヴィッド・フィンチャー監督作でハッカーのリスベット・サランデル役を演じたルーニーだが、法的後見人から性的暴行を受ける過酷なシーンの後はディズニーアニメに心を癒してもらったのだそうだ。

「私が『トイ・ストーリー3』を見たのは『ドラゴン・タトゥーの女』の撮影中で、1週間もレ●プのシーンを撮影した後だったのを覚えているわ。私のパソコンで見たんだけど、まさに大泣きしちゃった。すごく悲しくて泣き寝入りしちゃったの」とルーニーは当時を振り返った。

実はルーニー・マーラは高校卒業後に南米のエクアドル、ペルー、ボリビアなどを4ヵ月も旅しており、ニューヨーク大学進学後は心理学を学んだという経歴の持ち主、心理学を専攻したルーニーが辛い経験を大好きな映画を見て忘れたということは、心理学的に有効かどうかは語られていないものの、ルーニーには効いたそうで、私たちにも参考になるのかも。

さて、新作『キャロル』でゴールデン・グローブ賞女優賞ドラマ部門に共演者のケイト・ブランシェットと共にノミネートされているルーニーはそんな思い出深い『トイ・ストーリー3』が大好きだと言うが、その中でも特にお気に入りのシーンがあるそうで、

米W誌のインタビューの中で「アンディが自分のおもちゃを持っておもちゃを何も持っていない女の子にあげに行くっていうシーンがあるの。映画全体を通してアンディに遊んでもらいたいおもちゃたちの姿が描かれているんだけど、アンディがおもちゃの箱を持ってその女の子に遊び方を教えてあげるのよ。口にしているだけでも泣けてくるわ。おもちゃたちは最後にまたアンディと遊ぶことが出来てとても幸せなの。あの映画は大好きだわ」と明かした。

レディー・ガガ、業界でのレ●プ体験をビルボード音楽賞で発表

ラナ・デル・レイ、枕営業を告白「役に立たなかった。」




HOLLYWOODSNAP : 注目の関連記事

20 Actors Who Went to Crazy Extremes For Their Roles

海外セレブ、ハリウッドセレブ達、忘れたい過去とひた隠す秘密の10








HOLLYWOODSNAPを応援して下さい。

LINEで送る
Pocket

By ハリウッドスナップ---"ハリスナ" | Posted in ALL POST, ハリウッド映画・海外ドラマ, 海外セレブ ゴシップ ニュース | Trackbacks are closed, but you can post a comment.

Tagged: , ,



HOLLYWOODSNAPコメント欄

I Like It !!

Facebook
Facebook
Google+
Google+
http://hollywoodsnap.com/rooney-mara-has-revealed-rape-scenes-experience/">
YOUTUBE
YOUTUBE
error: Content is protected !!