ALL POST 海外セレブ ゴシップ ニュース

オプラ・ウィンフリー、1ツイートで14億円の経済効果!

オプラ・ウィンフリー

アメリカのトーク番組史上最高の番組と評される『オプラ・ウィンフリー・ショー』の司会オプラ・ウィンフリー(61)が、なんとたった1回のツイートで1200万ドル(約14.2億円)を稼いだという。

スポンサードリンク

■オプラ・ウィンフリー、1ツイートで14億円の経済効果!

オプラ・ウィンフリー
SNAP via:hollywoodreporter.com

26日(現地時間)にオプラ・ウィンフリーは、「パンを食べながらでも痩せることが出来る」「私は26ポンド(約11.8キロ)の減量をしたのよ!パンを毎日美味しく食べながらだわ!」という動画メッセージを、Twitter投稿したところ、1時間以内に米「ウェイト・ウォッチャーズ」の株価が18%増となる2.10ドル(約248円)に急騰したと米マーケット・ウォッチが報じている。

オプラは、ダイエット食品の販売やヘルスケアサポートを行う「ウェイト・ウォッチャーズ」の600万ドル(約7.2億円)の株を所有している。

オプラは昨年10月に同社の株式10%を4320万ドル(約51億円)で購入した直後に同社の親善大使に就任している。

ちなみに過去には歌手のジェニファー・ハドソン、モデルのジェニー・マッカーシーらも同社の広告塔になったことがあり、昨年4月にもジェニファー・ハドソンが36kgもの超絶ダイエットに成功したことで話題となっていた。
オプラがウェイト・ウォッチャーズの親善大使に就任した際にも株価は100ドル(約1万2000円)増という驚異的な動きを見せ、同社のダイエットプログラムに参加したことで15ポンド(6.8キロ)の減量に成功したと米人気トーク番組『エレン・ショー』で発言した際にも株価が急騰するという圧倒的な影響力を見せていた。





HOLLYWOODSNAPを応援して下さい。

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!