奇遇にも未来を予言し的中させたハリウッド映画7選 – hollywoodsnap
奇遇にも未来を予言したハリウッド映画7選noizu
10月. 20.

奇遇にも未来を予言し的中させたハリウッド映画7選

映画好きの間では、ハリウッド映画が、

実は未来を予測していただとか、国家機密をバラしているだとか、

そういった話はよく話題となるものだ。

今日は、偶然なのか必然なのか、未来を映画の中で表現し、的中してしまった映画の中から印象的なものを7つセレクトして紹介。

ハリウッド映画は奥が深く、謎に満ちていた。

スポンサードリンク

1.ポルターガイスト(1982)

via io9.com

『ポルターガイスト』といえば、スティーブン・スピルバーグ監督のホラー映画3部作であり、

アメリカのホラー映画としては必ず語られる超名作だ。

引っ越してきたフリーリング家に怪奇現象が巻き起こるこの映画、

フリーリング家の末娘を演じた子役女優のヘザー・オルークの第1作にて、

寝室の壁には不自然にも、1988年開催の「第22回スーパーボウル」のポスターが張られていた。

ポルターガイスト スーパーボウル ポスター
出典:hollywood.com

1982年公開の第1作の寝室の壁にはなぜか1988年開催の「第22回スーパーボウル」のポスター(アメフトの頂上決戦であるスーパーボウルは毎年開催される。)

この映画の公開は1982年であることからも不自然だと話題になっている。

この第1作公開当時は、ヘザー・オルークは、6歳だった。

ヘザー・オルーク
出典:blog.livedoor.jp

そして、ヘザー・オルークは、6年後の1988年、第3作の「ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…」を撮影直後の

1988年2月1日、原因不明の急病により12歳の若さで急死している。

亡くなる直前の最期のヘザー・オルーク

 

奇しくも「第22回スーパーボウル」が開催された日(1988年1月31日)の夜に突然気分が悪くなり、

スーパーボウルの翌日、病院に搬送される途中の救急車の中で死亡している。

 

そしてこのシーンが後に有名となった

「ポルターガイスト」、スーパーボウルポスターシーンである。

「ポルターガイスト」シリーズでは出演者が次々と急死している。

  • 1作目の公開直後に長女ダナ役のドミニク・ダンが交際相手に殺害され22歳で死去。
  • 2作目のケイン牧師役ジュリアン・ベックが公開前に胃癌で死去。
  • 2作目の祈祷師テイラー役ウィル・サンプソンが公開翌年に腎臓疾患で死去。
  • 3作目の撮影直後にヘザー・オルークが12歳で急死。

また、2作目の監督ブライアン・ギブソンが2004年に悪性骨腫瘍の一種であるユーイング肉腫で死去し、

彼の死も「ポルターガイストの呪い」であると言われた。

参照:Wikipedia




 

2.死亡遊戯(1978)

via fanpop.com

ブルース・リーの未完の遺作となった「死亡遊戯(1979)」。

クライマックスのアクションを撮影後にブルース・リーは謎多き死を迎えてしまったのだが、

ブルース・リーが劇中で演じた自身とダブる役柄の”世界的なアクション映画スター”のビリー・ローは、ストーリーの中で、

映画撮影中に銃で撃たれるシーンに陰謀により実弾が入っていた為に暗殺されてしまう設定。

実際は暗殺されたと見せかけて葬儀も執り行い、後に暗殺者である巨大国際シンジケート組織を追い込んでいくというストーリー。

実際にこの映画を撮影中に疑惑の死を遂げたブルース・リーも実は映画の中の境遇そっくりな状態だったと言われている。

つまりブルース・リーは、映画会社の契約トラブルなど様々な問題を抱えていた。

というのもアクションシーンのみ撮影して死亡してしまった為に、ストーリーは後付けだったというのだ。

そして、なんとブルース・リーの息子で俳優のブランドン・リーは、

1993年に主演映画『クロウ/飛翔伝説』の銃撃シーン撮影中に、

 

なぜか実弾が挿入されていたことにより、28歳の若さで亡くなっている。

ブランドン・リー

ブランドン・リー

奇しくも、父が演じた「死亡遊戯(1979)」の劇中と全く同じ死に方をしているのだ。

ブルース・リーの知られざる意外な事実、神速動画などは、「ブルース・リーまとめ」がオススメ

 




 

3.2001年宇宙の旅(1968)

1968年公開の超名作『2001年宇宙の旅』では、

i padなどのタブレット端末、飛行機などのグラスコックピット、

翌年の月面着陸、Skypeなどのビデオ電話、宇宙でのロボット技術などを映画の中で表現しており、

2001年には、ほぼその技術は実現していた。

また現代でも通用するインテイリアデザインが沢山見受けられる。

とくにレディー・ガガなどのPVに出てきそうな白を基調とした近未来のインテリアは現代でもそのまま通用するだろう。

2001年宇宙の旅の劇中そっくりのインテリアはレディー・ガガの”バッド・ロマンス”のPVなどでも見受けられる。

また余談だがレディー・ガガは、婚約者のテイラー・キニーと宇宙結婚式を計画するなどこの映画とシンクロするものがある。

Lady Gaga(レディー・ガガ) – Bad Romance





 

4.Americathon(1979)

1979年公開のコメディー映画「Americathon」は、日本では公開されなかったようだが、1998年の世界を表現して作られた映画。

アメリカの財政破綻危機を始め、中国が世界で最も大きな経済大国になる事の予言、ソビエト連邦の崩壊など、

当時では考えられないことを予言しており、現代では、それが的中している。

Americathon 予告篇

 




 

5.デモリションマン(1993)

via filmaffinity.com

2032年、暴力や犯罪が存在せず、また無菌社会でコンピューターによる徹底管理されたクリーンな近未来都市サン・アンゼルスにて、

警察は死刑宣告を受けた囚人達の名前をリストアップするシーンがある。

そのシーンに、Scott Peterson(スコット・ピーターソン)という人物の名前がある。

リスト2列目に 08:15 PETERSON,SCOTT の名前が記載されている。

リスト2列目に 08:15 PETERSON,SCOTT の名前が記載されている。

2004年にアメリカの実在する同姓同名のScott Peterson(スコット・ピーターソン)は、映画と同じカリフォルニア州サンディエゴにて妻とお腹の子供を殺害し死刑宣告を受けた。

実際に逮捕されたScott Peterson(スコット・ピーターソン)

しかし、彼は自身の無実を訴え今も映画と同じように死刑を待つ独房にいる。

近未来都市サン・アンゼルスは、デモリションマンの映画の中では、2011年に発生した地震によって崩壊したサンディエゴ、サンタバーバラ、ロサンゼルスの3都市が合併して出来たというものだ。

今後のアメリカ西海岸は大丈夫なのだろうか?




 

6.The Lone Gunmen(2001)

『The Lone Gunmen』は、大ヒットTVドラマ『X-ファイル』のスピンオフドラマ

‘The Lone Gunmen’として知られる3人のコンピューターハッカーが政府の陰謀を破くことに命を懸ける物語だ。

2001年3月4日放送の”pilot(パイロット)というエピソードでは、

政府のある派閥が、テロリストに扮して旅客機ハイジャック、そしてあのツインタワーに突撃を試みるというものだ。

放送では最後の最後に間一髪でコンピューター制御された旅客機が手動に切り替わりツインタワーの直前で急上昇することで激突を免れている。

しかし、奇しくもこのオンエアーの半年後2001年9月11日に9.11アメリカ同時多発テロにより

ツインタワーに旅客機が2機激突しツインタワーは崩壊するという歴史的大事件が起こったのは記憶に新しい。

3年後の2004年には、マイケル・ムーア監督の超話題となった映画『華氏911』によると

ブッシュ財閥と名門ビンラディン家の油田開発ビジネスでの強い繋がりを指摘、

あれは政府の派閥の陰謀だったという見解がされたことにより陰謀説が過熱、

『The Lone Gunmen』と全く同じ内容となったとして話題となった。


 

 『The Lone Gunmen』2001年3月4日放送

エピソード”パイロット”

ツインタワー突撃シーン





 

7.AKIRA(1988)

2019年、東京湾上に超高層ビルが林立する新首都「ネオ東京」を舞台に繰り広げられる近未来アクション漫画AKIRA(アキラ)

漫画家で映画監督の大友克洋氏の名作で、1988年には映画化もされ、広く世界中で愛されている作品だ。

この作品は時代が流れるにつれ劇中での出来事が現実化していき話題となり2014年現在でも話題沸騰中だ。

なんと劇中ですでに東京オリンピック2020を開催年までぴったりと

38年も前に予言してしまっているのだ。

しかもこの時は1964年の東京オリンピック開催から20年ほどしかたっておらず、

東京でオリンピックを再び開催するなど現実味がなく誰も考えていない話だったのだ。

こちらのシーンはAKIRA(アキラ)映画の予告編にも登場する。

そしてそれだけではなく、AKIRAに出てくるバイクのデザインが現代でも通用する最先端デザインであったりと何かと話題を呼んでいる。

実際にこのバイクはスポンサーが付き、世界中の展示会などで発表されている。

1980年代初頭のバイクのデザインとは技術的にもあまりにもかけ離れており

想像で書くのは困難としか言いようがない。

また「やりすぎコージーの都市伝説」によると、

21世紀は、UFOの技術と言われる「反重力」の開発により、

車も電車も浮く世界、アインシュタインが想定した未来予想図が完成するという。

また「反重力」は、素粒子物理学などで語られる

全ての物質を波動として捉えた変幻自在な4次元世界の創造を

現実化するのに必要な技術だという。

まさにその世界を初めて表現したのが「AKIRA」であり、

このことに科学者達が凄いと驚いたことがヒットした原因だというのだ。

漫画家、大友克洋氏には、どのような未来のビジョンが見えていたのだろうか?




 

■ HOLLYWOODSNAP : 注目の関連記事

9.11 陰謀論 自作自演 嘘

ヒトラーの予言










20 Actors Who Went to Crazy Extremes For Their Roles




フォトショップ画像修正前修正後 海外セレブ 芸能人
















LINEで送る
Pocket

By ハリウッドスナップ---"ハリスナ" | Posted in 10 ランキング リスト, ALL POST, ハリウッド映画・海外ドラマ, 都市伝説・超常現象・面白 | Trackbacks are closed, but you can post a comment.

Tagged: , , , , , , , , , , , , , , ,



HOLLYWOODSNAPコメント欄

I Like It !!

Facebook
Facebook
Google+
Google+
http://hollywoodsnap.com/movies-that-predicted-future-events/">
YOUTUBE
YOUTUBE
error: Content is protected !!