ALL POST 海外アスリート 海外セレブ ゴシップ ニュース

フロイド・メイウェザー・ジュニアVSマニー・パッキャオ夢の対戦、大物セレブすら「働かなければ」入場出来ないと話題

\@

snap via TMZ

年収100億円越え、世界一年収の高いアスリート、47戦無敗、”金の亡者”フロイド・メイウェザー・ジュニア対

史上2人目の6階級制覇王者を果たしているフィリピンの国民的英雄ボクサー、元国会議員、

フィリピンプロスケットボール現役選手兼ヘッドコーチでもあるマニー・パッキャオとの

今年5月2日にラスベガスの「MGMグランド・ガーデン・アリーナ」で行われるドリームマッチが全米話題騒然。

試合チケットは最低で約48万円、前列のセレブ席近辺は$100,000(約1200万円)に上ると言われすでに完売。

ケーブルTV局のPPV(ペイ・パー・ビュー)販売数は歴代最高を記録するのは確実と見られている。

当然、ハリウッドセレブからの注目度は高く、普段は招待されて最前列に陣取ることが多い

レオナルド・ディカプリオやウィル・スミス、リアーナなどの超一流セレブ達ですら”タダ見”することが出来ない

この世紀の夢(因縁)の対決を巡るストーリー、超一流セレブに課せられた入場の条件を紹介。

スポンサードリンク

snap via twitter.com

総合格闘技大会UFCが全盛を極め、絶大な人気を誇るアメリカで未だ根強い人気、

UFCよりもお金が動いているのがやはりボクシング、アメリカは元来ヘビー級ボクシングの本場で独壇場。

ところが、今回史上最高クラスの注目を集めているは、中量級ボクシング。

この対戦が注目を集める理由は、

両者ともに中量級現役世界最高ボクサーであり、

史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成したフロイド・メイウェザー・ジュニアは、

スピードを落とさずに体重を増やして階級を上げる難しさを実感しているために、

デビュー時から飛び級しながら合計10階級上げてきたマニー・パッキャオに対して疑問を持ち、

2009年以来、「パッキャオはドーピングしている」と繰り返し発言をしてきており、

パッキャオ陣営から名誉棄損で訴えられて法廷闘争を繰り広げてきた。

しかしパッキャオは任意でのドーピング検査を受けていない。

2012年にはメイウェザーが「ファイトマネーを4000万ドル用意するからやろう」と持ちかけたが、

利益配分が「50:50」でなければやらないと、パッキャオ側が拒否している。

snap via mirror.co.uk

ファイトマネーのほとんどをケーブルTVの有料放送のPPV(ペイ・パー・ビュー)で占める両者は、

ここのところPPV販売数が伸び悩んでおり、2014年12月にケーブルテレビ局「Showtime」のインタビューで

改めてマニー・パッキャオに対戦を要求、

snap via vk.com

それ以外にもパッキャオがノックアウトされた動画をメイウェザーのFacebookページに貼り付けたり、

SNSで幾度となく挑発を繰り返し全米で話題が沸騰、パッキャオも今回は対戦に応じざる負えなくなった。

またフロイド・メイウェザー・ジュニアは、ケーブルテレビ局「Showtime」と契約、

マニー・パッキャオは、ライバルであるケーブルテレビ局「HBO」と契約しており、

PPV(ペイ・パー・ビュー)により試合を有料放送するために実現が難しいとされてきたが、

「マイク・タイソン対レノックス・ルイス戦」以来の両局がタッグを組んで放送するドリームマッチが実現。

また米経済誌「Forbes(フォーブス)」によれば、今回のPPVの利益配分は、

「メイウェザー6割に対して、パッキャオ4割の6:4」であると報じている。




さて、最前列シート近辺は$100,000(約1200万円)に上ると言われており、

超一流セレブでも今回ばかりは”ただ見”出来ない状況。

そこでスポンサー企業の一つであるウォッカメーカー『VOCO Vodka & Coconut Water』は、

ロゴ付の帽子などのアイテムを身に着けることを条件に、

$100,000(約1200万円)の入場料を負担するがどうだろうか?というオファーを、

レオナルド・ディカプリオやウィル・スミス、リアーナなどに打診しているという。

スポンサードリンク

 

snap via forbes.com

フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr,38)は、

米ミシガン州出身で、身長173cm、

超人的なスピードと反射神経を持つとされるボクサー

史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成、

ボクシングランキング『pound-for-pound ratings』で世界第1位。

プロ戦績47戦無敗を誇り、内26ノックアウト勝利の神話を築き上げてきた。

snap via standingosports.com

米経済誌Forbes(フォーブス)のアスリート年収長者番付2014にて第一位、

年収10,500万㌦(約125億円)を2013年6月~2014年6月までの1年間で稼ぎ、

アスリート年収世界一、ボクサーとして初めての年収100億円越えを記録している。

2013年9月14日のサウル・アルバレス戦では、

一試合でのファイトマネーが(主にPPVからの収入)7500万㌦(約90億円)を記録。

Twitterフォロワー数550万人

snap via boxingscene.com

シンガー・ソング・ライターのジャスティン・ビーバー、ラッパーの50セントと家族ぐるみで仲が良く、

試合入場の際には、ジャスティン、50セント、リル・ウェインなどが一緒に入場したり、

勝利の際にはリング上に呼びこんだりしている。

関連:ボクシング王者フロイド・メイウェザー・Jrとジャスティン・ビーバーの奇妙な友情関係

自身を”金の亡者”と呼び、スタッフ陣営を『TMT: THE MONEY TEAM』と呼んでいる。

snap via Instagram

その派手な生活ぶりは、ゴシップ誌に頻繁に取り上げられるエンターテイメントシーンでも話題の人物。

内縁の妻にDVで逮捕され、刑務所服役歴があり、

さらに昨年末には、友人でラッパーのアール・ヘイズが妻で女優ののステファニー・モーズリーを

メイウェザーの目の前で銃殺、直後にアール・ヘイズは拳銃自殺するなど、アメリカが最も注目する人物。

Boxer Mayweather, left, is reported to have been a witness to the deaths as Hayes had called him in a rage over his wife's infidelity. Hayes was once signed to Floyd Mayweather's  record label and the couple often partied with the boxing champ






 

snap via theguardian.com

マニー・パッキャオ(Manny Pacquiao,36)は、

フィリピン キバウェ出身、身長169cm

過去には国会議員も務めたフィリピンの国民的英雄。

超人的なスピードとスタミナに定評がある。

史上2人目の6階級制覇王者

ボクシングランキング『pound-for-pound ratings』で世界第3位。

プロ戦績57勝5敗2分け

米経済誌Forbes(フォーブス)のアスリート年収長者番付2014にて第11位、

関連:【米Forbes誌】世界で最も稼いでるアスリートTOP10【全スポーツ】

年収4180万㌦(約50億円)を2013年6月~2014年6月までの1年間で稼ぎ、

2011年11月12日の「MGMグランド・ガーデン・アリーナ」でのファン・マヌエル・マルケス

一試合でのファイトマネーが(主にPPVからの収入)3000万㌦(約35億円)を獲得。

Twitterフォロワー数168万人

フィリピンプロバスケットボールリーグのバスケットボール選手兼ヘッドコーチ(2014年も試合出場)

snap via rappler.com

snap via interaksyon.com

 

フィリピン映画のエキストラからキャリアを積み、ハリウッド映画出演など映画俳優でもある。

ちなみに米ゴシップサイト『TMZ』が行った10万人以上が回答したアンケート調査では、

意外にも、74%の人がマニー・パッキャオが試合に勝利するだろうと予想している。

5月2日の世紀の対戦が待ちきれない。




LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!