ケンダル・ジェンナーが他のモデル達から嫌がらせをされている!? – hollywoodsnap
ケンダル・ジェンナー いじめ
9月. 22.

ケンダル・ジェンナーが他のモデル達から嫌がらせをされている!?

米ゴシップ誌の『In Touch Weekly』によるとモデルのケンダル・ジェンナー(18)が、先日開催されていたニューヨーク・ファッション・ウィークにおいて、他のモデル達から飲み物にタバコを放りこまれるなどのイジメや嫌がらせを受けている可能性を指摘している。

ニューヨーク・ファッション・ウィークの関係者が『In Touch Weekly』に語ったところによると、「他のモデル達はランウェイに立つまでに相当な下積みの努力を強いられてきています、だからケンダルが(リアリティーショーのタレント出身だからと、いとも簡単に)ランウェイに立っているのが不公平だと感じているのです。」と話しているという。

さらに「彼女達はイジメを始めたようです。何人かのモデルはタバコをケンダルの飲み物に入れるなどをしています。」と付け加えた。

スポンサードリンク

ケンダル・ジェンナーの孤独な戦い

ケンダル・ジェンナー
zap2it.com

ケンダル・ジェンナーは、NYFWにおいて、トミー・ヒルフィガー、ダイアン・フォン・ファステンバーグ、マーク・ジェイコブスなどの一流デザイナーのブランドのキャットウォークを誇らしく歩いてた。

そして、話題はほぼケンダルが独占して持って行ったといってもいいほど注目度が高く、彼女のモデルとしての実力は十二分に証明されたのだ。

しかし、この注目度の高さこそが、
他のモデルからの嫉妬の対象となる原因だった。

英Mirrorが報じるところによると、それらはケンダルがいとも簡単に歩いているようで、裏では熾烈な戦いがあったようである。

たとえば、ケンダルが意地悪なモデルからわざと両乳首に穴の空いたトップスを偶然を装って着させられそうになったり、

いくつかの心が氷のように冷たいモデル達からは、かなり汚い戦術を練った連携プレーによりショーにケンダルを出演させないよう巧みに追い出そうとされたり、

と相当エグイことが水面下で行われているようであるとしている。

ただしケンダルは表面所は全くの強気でそのようなことに動じない気配を見せているという。

「私の名前や顔を知らない人がいるとき、とても嬉しいわ、名前ではなく私自身で評価されたいの。」と語るケンダル

モデル業界にはケンダルを応援する沢山の人間がいるとのことだ。

参照:Kendall Jenner was ‘bullied’ by mean models at NYFW – girls put cigarettes in her drinks
参照:Kendall Jenner goes all Mean Girls on us as she laughs off Fashion Week bullying rumours




 

ケンダル・ジェンナーのモデルとしてのキャリアを遡る


kendallandkylie.com

ケンダルがこのような嫌がらせを受けなければならない誤解が生じた原因として考えられるのは、
ケンダルが11歳頃から密着リアリティーショーの『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ(Keeping Up With The Kardashians)』( 以下:KUWTK ) に出演しており、

アメリカでは知らない人がいないほど幼い頃から有名だった。

リアリティータレントとして知名度抜群のケンダルは、元々本来はモデル志望だった。

そんな彼女がモデルを始めたのは、13歳の時だった。

ママガ―と呼ばれる、ママで芸能マネージャーのクリス・ジェンナー(58)に自分で撮影してしたためていたセルフプロデュースモデルブックをクリスに見せてモデルをやりたいと直談判した。

敏腕芸能マネージャーであるクリス・ジェンナーはいくつかのモデル事務所にそのモデルブックを持ち込んですぐに契約を取ってきてしまった。

ケンダル・ジェンナーの最初の仕事は日本でもお馴染みの
『FOREVER21(フォーエバー21)』のキャンペーンモデルだった(上の画像)

ケンダルは13歳から妹カイリー・ジェンナー(17)とTeen Vogue やSeven Teenなどで着実にティーンモデルとして雑誌の誌面を飾りながらモデルとしてのキャリアを積んできた。

最近になってようやく、リカルド・ティッシやマーク・ジェイコブスなどの一流デザイナーからショーを歩くチャンスをもらえるようになってきた。

マーク・ジェイコブスのショーでは両胸が透けて見える衣装で颯爽とキャットウォークを歩いたケンダル。

その際の衣装やメイクはNYFWのケンダルで一番話題となった印象的なスタイルだった。

名画「真珠の首飾りの少女」を彷彿とさせるケンダルの美しいメイクとヘアスタイルにその眼差しが印象的だ。


ibtimes.com



カーダシアン家と義兄カニエ・ウエストの後ろ盾


veooz.com写真:パリ ファッションウィーク 左からカニエ・ウエスト、リカルド・ティッシ、ケンダル・ジェンナー

リカルド・ティッシがデザイナーを務める「GIVENCHY(ジバンシィ)」のキャンペーンモデルとしては、

今年6月のパリ・ファッションウィークでキャットウォークを歩き、その衣装などはケンダル自らインスタグラムに投稿したし、

ケンダルがプロのモデルとしての本気度が業界や世間から評価された注目度の高い大きな舞台を彼女は見事にものにした。

リアリティータレント兼モデルのような立ち位置であったケンダルが本格的なプロのモデルとして認識されるキッカケだったように思う。

義理の兄のラッパーで音楽プロデューサーでデザイナーも務める業界では影響力が強いカニエ・ウエスト(37)が、徹底して後ろ盾している。

カニエのネームバリューやブランド力はファッション業界ですら一目を置く、力強く魅力的なものだ。

関連:カニエ・ウエストが座っている観客全員に「立て!」とライブを中断






 

ケンダル・ジェンナーが嫉妬される理由

ケンダル・ジェンナー

モデルとしては5年のキャリアと下積みをこなしてきたはずだが、

それは他の視野の狭いモデル達からするとリアリティーショーの有名タレントのネームバリューがケンダルをショーに出させている。

ケンダルのお姉さんは全米最注目タレントの”時の人”キム・カーダシアン(33)だからケンダルが出演しているショーにはキムが最前列を陣取って話題が取れるわね、ズルいわね!いった心境のようだ。

9歳頃から密着リアリティーショーに出演しているカイリー・ジェンナー(17)曰く、もの心付いてからはカメラが周囲に無い時はなかったと語るほどに、つねにカメラを向けられる生活を強いられてきたわけだが、ショービジネスの世界での長いキャリアや努力も、それら全て意地悪なモデル達からは嫉妬の対象であったり、ズルいの一言で片づけられてしまうようである。

最近のケンダル・ジェンナーは、事あることに「リアリティーショーのタレントイメージを払しょくしたい」「リアリティーショーの出演を辞めようか考えている」「モデルに対して真剣だと捉えられたい」と語っているのは、このような一部の心無い周囲からの目線があったからかもしれない。




 

誤解を招く過去のケンダル・ジェンナーの言動

ケンダル・ジェンナー 子供時代 カイリー・ジェンナー

ただ、ケンダルがモデルに対して真剣な気持ちじゃないと思われてしまってもしょうがない出来事が過去にあった。

それは、リアリティーショーKUWTKで、ケンダルが15歳頃のモデルとしてまだ駆け出しの頃の話だ。

過去記事ケンダル・ジェンナーがキム・カーダシアンをファッションショー出禁に!?からの一部抜粋


ランウェイデビューの依頼を蹴ったケンダル

彼女がキャリアの最初の頃に撮影のためにニューヨークへ出張となったのだが、母のクリス・ジェンナーの都合が付かずに同行できないために、同行者を買って出たのは、紛れもなく義理の姉のキム・カーダシアンだ。

キムは、NYの業界人相手にモデルとしてのプロフェッショナルな対応というものを教えたかったようだ、

その際にキムの付き添いの甲斐もあってか、デザイナーからランウェイを歩くチャンスを与えられたケンダル、

しかし、ケンダルは、「ランウェイを歩くのはまだ怖いの、明日はチアリーダーの練習があるしぃ」とデザイナーを前に言ってのけてしまったのだ。

関連:ケンダル・ジェンナーのチアリーダー姿がまるで天使!【動画有り】




 

異父姉キム・カーダシアンの応援

Family support: Kendall, Kourtney, Kim, Kris Humphries and Brody Jenner all cheered from the front row

しかしキムは大喜びしてケンダルをその場で上手く丸め込んでその仕事を引き受け、すぐに滞在先のホテルの宿泊を延長手配しイベントルームを貸し切って業界名うてのモデルウォーキングの先生まで手配した。

しかしケンダルはモデルウォーキングの稽古の途中で嫌気がさしたのが目に見えて分かるようになりふざけだしてしまった。

結局稽古はそんなケンダルの様子を見て早々に打ち切り、キムはしょうがなくこのランウェイを歩く機会を断らざる負えなくなってしまったのだ。

その際にホテルの部屋に戻ったケンダルは、キムが強引にランウェイの仕事を受けたことに不満を隠せない様子で、

「どうしてあういう態度を取ったの?あなたにとってチャンスなのに、プロじゃないわね、遊びに来たのじゃないのよ!」というキムに対して、

「キム、あなたは自分が”背が低くて”モデルを諦めた過去があるからってその夢を私に押し付けないでよ!」とケンダルは密着リアリティーショーのカメラの目の前で言いのけてしまったのだ。しかも下のGIF画像にあるようにドラマの中のその後の回想シーンでも同じことを言っている。

これにはキムもそうとう傷ついた様子だったのが印象的だ。

ケンダル・ジェンナーは11歳頃から急激に身長が伸び当時すでに身長は現在の178cm近くあった、それに対してキム・カーダシアンは身長159cm、グラマラスボディーを売りにモデルなどもこなしてきたが本格的なファッションショーへの出演経験はない。

それをズバッと言ってしまったケンダル。

ケンダル・ジェンナー

関連:キム・カーダシアン、「GQ」”今年の女性”受賞と同時にヌードを発表

それでもキムは現在までケンダルのNo1のモデル業のファンだと言われているほど献身的にケンダルをその後も応援しているらしい。

「モデルとして真剣に扱われたい。」

「リアリティーショーのタレントイメージを払しょくしたい。」

というケンダルの想いはここのところケンダルの話題には必ずついてくるほど有名な話だが、

最初に真剣さをTVカメラの前で打ち出さなかったのは、

実は紛れもなくケンダル自身だったのではないだろうか?




 

モデルキャリア、TVタレントとしての弊害

ジジ・バディット ジャスティン・ビーバー ケンダル・ジェンナー

とこのように全米放送されているE!TVのリアリティーショーのカメラの前でモデルとしてランウェイを歩くという最高のチャンスを与えられておきながら真剣にやらずに怖いからと断ってしまった過去があった。

雑誌に掲載されるのみの読者モデル、またはどこぞの専属モデルとは違い、ランウェイを歩くことはモデルにとって大きなキャリアアップであり、

ランウェイを歩いてこそ本格的なモデルとしてのメジャーデビューと捉える人も少なくない業界でせっかくのチャンスを「チアリーダーの練習があるから~」と断ってしまった話は他のモデル達も見て知っているのだと思う。



学業とモデルの両立に苦悩した高校時代

ケンダル・ジェンナー カイリー・ジェンナー 高校時代 チアリーダー
出典:dailymail.co.uk

ケンダルとカイリーのジェンナー姉妹はハイスクール時代に突入するとモデルと学業の両立が難しく、学校の勉強に付いていけないと深刻に悩みだした。

そしてアメリカではわりと一般的な学習スタイルである『ホームスクーリング』を希望するようになり、母のクリス・ジェンナーの猛反対を受けながらも、自分でホームスクーリングの協会に連絡を取って母クリス・ジェンナーを説得させてしまったこともある。

その後ホームスクーリングカリキュラムをどの辺まで実行したかは知らないが、少なくともモデルを本業にしつつも健気に学業も頑張っていた。

モデルのメイクアップ中に学校の宿題に迫られてこなしていた際にメイクアップアーティストのお兄さんに「これは置いといて」なんて言われて宿題ノートごと勝手に隅にどけられてしまったこともリアリティーショー『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ(Keeping Up With The Kardashian’s)』ではあった。

それほどまでにモデルと学業の両立に苦悩して過ごしてきたケンダル、結構、その姿勢には心打たれるものがあり、両立は大変そうでやや泣きが入っているように見受けられるシーンもあったのだ。

だが、そのような一切のことは、他の冷たいモデル達からすれば、ケンダルはランウェイを断った生意気な15歳で止まってしまっていて、彼女がその後どんなに真剣にモデルに打ち込んできたのかは全く関係がないのかもしれない。




 

ランウェイが怖かったケンダル・ジェンナー

ケンダル・ジェンナー ヴィクトリアズ・シークレット

ケンダルは178cmの完璧なプロポーションの外見とは裏腹に自身曰く「初めての人と簡単に打ち解けるのは苦手」と話しているように、気が強い反面、繊細で人見知りな性格だという。

実際にケンダルがカイリーと一緒にティーンズファッション誌『SevenTeen』の専属モデル兼スカウトというリアリティーショーのネームバリューもあって広報的な仕事を任されていた頃には、LAのショッピングモールで街行く子をモデルにスカウトするお仕事の際に妹カイリーは簡単に話しかけることが出来ていたが、ケンダルはずっとカイリー任せでほとんど話しかけることが出来なかった、勿論、彼女のモデルとしてのプライドも邪魔していたのだろうが、「初対面の人とは気軽に話せない、とても苦手なの。」と深刻に暗い顔をしていたことがあった。

普段リアリティーショーでガンガンカメラの前で生活してはっちゃけているが、そんなケンダルでさえ、本当に「ランウェイを歩くのが怖かった。」だろうし、人知れぬ苦悩があったのだと思う。

しかし、完璧なスタイルと美貌のケンダルが怖いと思うのも致し方ないかもしれない。

下着メーカーのヴィクトリアズ・シークレットの開催するファッションショーはこの業界では一番大々的に扱われる傾向があるが、

あのショーに出ているモデルで本当に精神的にも優雅なのは広告塔のエンジェルズの中でもミランダ・カー(31)やキャンディス・スワンポール(25)くらいの数える程度ではないだろうか?




 

ランウェイは、モデル達の戦場


tvguide.com

それ以外のモデル達はトップクラスのスーパーモデルでも戦々恐々とした雰囲気があるのは否めない。

とにかく皆して背が高いし、それに加えて高いヒールに派手な衣装と派手な化粧に派手なダンスに背中には大きな翼まで生やしているのだ。

街で知らない人が突然遭遇したら間違いなくメキシコの怪獣チュパカブラが出現したと思って走り去るか、男性でもキョドるか敬語になってしまうほどの出で立ちで彼女達はランウェイの上を飛んでいるかのように肩越しに風を切りながら悠然と歩く。

それを見せつけられて育っているケンダル・ジェンナーがランウェイが怖いと言うのも十分うなずける。


telegraph.co.uk

ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズとしてキャリアの長い殿堂入りのブラジル出身のアドリアナ・リマ(33)などは私生活から10年間もボクシングに本格的に取り組んでおり、肩でも触れようものならすぐに弾き飛ばされそうな美しくも崇高なクーガーフェイスをしている。

そう、ランウェイはクーガー達が放し飼いにされた巣窟、そんじょそこらの生娘では耐えることのできない弱肉強食の食物連鎖が繰り広げられている、香水と美脚で人々を魅惑する"獣道"ほかならないなのだ。

関連:アドリアナ・リマのボクシングが本格的で美しい

同じくキャリアの長いエンジェルズのこれまたブラジル出身のアレッサンドラ・アンブロジオ(33)などはブラジリアンバットでシェイプアップボディーに磨きを掛けている。

またヴィクトリアズ・シークレットの枠だけでなく、スーパーモデルとしてのぶっちぎりで世界一年収が高く47億円前後を毎年稼ぎ出している、

これまたブラジル出身のジゼル・ブンチェン (34)は、日々ヨガでスレンダーボディーを維持し、緩やかな動きの中から瞬時に動ける力強いバネを日々養っている。

関連:スーパーモデル高収入ランキング2014【米フォーブス誌長者番付】

関連:ジゼル・ブンチェンがUNDER ARMOURのCMでキックボクシングや棒術を披露!





 

モデル大国ブラジルとトップモデル達の迫力

ヴィクトリアズ・シークレット

このように誇り高きモデル王国ブラジル出身のモデルがランウェイをまるでリオのカーニバルのように颯爽と練り歩き、南米気質の圧倒的優位な占有状態だったり、女性なのに大半のモデルが身長が180cm前後もあり、その上に輪を掛けるように格闘技やヨガや厳しいエクササイズワークアウトに厳しい食事制限で日々体を鍛え上げているスーパーモデル達の世界は、並大抵の男社会よりも厳しいものがあると言われているし、そうなのは容易に想像が付く。

ランウェイでの優雅な笑顔の裏には熾烈なライバル争いと日々の壮絶な努力があるに決まっているのだ。

そんな中に18歳の白鳥のようなケンダル・ジェンナーが放りこまれてしまっているのも少々不憫な気もするが、彼女はきっとそれらに負けない強さを秘めているに違いないだろう。

ケンダルも現在ではストイックな姿勢でモデル業に真剣に取り組んでおり、それが評価されている。

是非、つまらない嫉妬に負けないでモデルとして大きく飛躍を遂げて欲しいと思う。


elle.com

今後もHOLLYWOODSNAPではモデルとしての、ケンダル・ジェンナーを応援して追跡していきたい。




 

Marc Jacobs | マーク ジェイコブス

 2014-2015 秋冬 NYFW  

3分頃にKendall Jenner(ケンダル・ジェンナー)登場





 

■ HOLLYWOODSNAP : 注目の関連記事






スーパーモデル ダイエット ワークアウト

ジェニファー・アニストン 美容代






Caitlin Turner





WATCH:世界で最もセクシーな女性100発表 ケンダル・ジェンナーが2位に

WATCH:ケンダル・ジェンナー、ニューヨーク・ファッション・ウィーク・レポ

WATCH:ケンダル・ジェンナー、TOP50モデル入り、『DAZED100』で1位!

WATCH:ジャスティン・ビーバー新彼女はケンダル・ジェンナー?

Victoria’s Secret スーパーモデルのトレーニング動画集 “Train Like An Angel”







PLEASE FOLLOW & LIKE US!

LINEで送る
Pocket

By ハリウッドスナップ---"ハリスナ" | Posted in ALL POST, ファッション, 海外セレブ ゴシップ ニュース | Trackbacks are closed, but you can post a comment.

Tagged: , , , , , , , ,



HOLLYWOODSNAPコメント欄

I Like It !!

Facebook
Facebook
Google+
Google+
http://hollywoodsnap.com/kendall-jenner-is-being-bullied/">
YOUTUBE
YOUTUBE
error: Content is protected !!