ALL POST HIPHOP/R&B 海外セレブ ゴシップ ニュース

カニエ・ウェスト、ウィズ・カリファに謝罪、Twitterで中傷し過ぎた為

カニエ・ウェスト ウィズ・カリファ
SNAP via:brandnew.hiphop

ラッパーのカニエ・ウェスト(38)とラッパーのウィズ・カリファ(28)の、キム・カーダシアンを巡るTwitterでのビーフ(抗争)は、27日(現地時間)にカニエがウィズに言葉の取り違えで中傷し過ぎたことを謝罪することで終わった。

スポンサードリンク

■ カニエ・ウェスト VS ウィズ・カリファのビーフは妻を巡って

カニエ・ウェスト ウィズ・カリファ アンバー・ローズ
SNAP via:XXL

この一件はカニエ・ウェスト(38)がアルバムのタイトルを「SWISH」 から「WAVES」に 変更したニュースが流れたタイミングで、ウィズ・カリファ(28)がこのようにツイートしたことから始まった。

「このKKをヒットして、自分自身に戻ろう。」

このツイートのKKはカニエの妻キム・カーダシアン(35)のイニシャルだと判断したカニエは、「キム・カーダシアンをヒット(ブッ叩いて)して、自分自身に戻ろう。」という意味と受け止めたようだ。

タイミング的にアルバムのタイトルを変えたことを妻キム・カーダシアンの影響として非難された気持ちになってしまったカニエ・ウェスト、確かにそうも聞こえなくもない。

しかし、後のウィズの釈明により”KK”は、大麻(マリファナ)の俗語を指しており、意味としては「草(大麻)をヒット(一発かまして)、自分自身に戻ろう。」という意味だったようなのだ。

注:2014年1月1日に全米史上で初めて米コロラド州で娯楽用マリファナが合法化されて以来、医療用だけでなく娯楽用も合法化へと進む流れが続いており、すでにアメリカ人の中では大麻(マリファナ)は合法だという意識が芽生えているようだ。ウィズ・カリファは常習者として有名だ。

さて、ウィズへの誤解が解けるまでカニエは非難のツイートを第17条までツイートして送り込んだ。

「兄弟、第1にお前のクソ作品は全部キッド・カディから盗んだだろ」

Bro first of all you stole your whole shit from Cudi
— KANYE WEST (@kanyewest) January 27, 2016

引用元:.THE VERGE

 

「2つ目、お前の1stシングルはファ○クなほど田舎っぽいし、その後もほとんど同だ」

Second, your first single was corny as fuck and most there after
— KANYE WEST (@kanyewest) January 27, 2016

引用元:.THE VERGE

 

「3つ目、お前のアルバムを最後まで聞けた人間を俺は1人も知らない。」

3rd no one I know has ever listened to one of your albums all the way through
— KANYE WEST (@kanyewest) January 27, 2016

引用元:.THE VERGE

 

ここで、カニエの元彼女で、さらにウィズの元妻で子供をもうけている超セクシーモデルのアンバー・ローズのことを絡めてカニエは非難しだした。

「4つ目、お前はストリッパーの罠(養育費、離婚慰謝料)に自らハマった。」

4th you let a stripper trap you
— KANYE WEST (@kanyewest) January 27, 2016

引用元:.THE VERGE

 

「5つ目、お前は自分の子供を見る度に毎回、この女の子に18年間も費やされたと後悔していることを俺は知っている。」

5th I know you mad every time you look at your child that this girl got you for 18 years
— KANYE WEST (@kanyewest) January 27, 2016

引用元:.THE VERGE

 

「6つ目、俺の首に噛みつくようなことは、2度とするな」

6th don’t ever come out the side of your neck at me
— KANYE WEST (@kanyewest) January 27, 2016

引用元:.THE VERGE

これらの、カニエのツイートは現在は削除されている。




■ カニエ・ウェストはウィズ・カリファに謝罪した

ウィズ・カリファ アンバー・ローズ キム・カーダシアン カニエ・ウェスト
SNAP via:perezhilton.com 写真左からウィズ・カリファ アンバー・ローズ キム・カーダシアン カニエ・ウェスト

カニエは20ツイートほど一方的なウィズ・カリファ非難をしつづけて、ようやく良心の呵責が訪づれたのか、一通りの発言を撤回した。

「ポジティブなエナジーが全てだから、俺は今までの発言は撤回するよ、有難や、有難や、ポジティブエネルギーよ、有難や」

発言撤回したカニエは照れ隠しなのか、意地なのか、次に皮肉をツイートした。

「君達、今日は悲しい日だよ…俺のツイート以来、ウィズは200万人のフォロワーを失ったようだな。そんなつもりはなかったんだけどな」と皮肉を込めたツイートを続けている。


ウィズは、”KK”はキム・カーダシアンのことではなく大麻のことだ、しかしアルバムのタイトルを『SWISH』から『WAVES』に変えたカニエはイケて(WAVY:スラング)ないよ説明した。

「KKは草(大麻)のことだ、愚か者。なぜかというと君は”イケて(WAVESと掛ける)”ないからだ、SWISHに戻せよ。」

カニエはことの発端となったウィズのツイート内の「KK」という表現がキム・カーダシアンを指すのではなく、大麻を指すものであったと分かったとして

「KKが草(大麻)を意味すると知って俺はハッピーだ…取り違えを許してくれたまえ・・・それでは『WAVES』の話題に戻ろう」とツイートで謝罪した。

何はともあれ、平和に終わったようで良かったです。



HOLLYWOODSNAP : 注目の関連記事

アンバー・ローズ、元夫のウィズ・カリファから「家中に犬の糞。」

カニエ・ウェストが座っている観客全員に「立て!」とライブを中断





HOLLYWOODSNAPを応援して下さい。

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!