ALL POST パパラッチ動画 海外セレブ ゴシップ ニュース

ジャスティン・ビーバー 国際指名手配、アルゼンチンが本気な理由。

snap via CNN

【速報】ジャスティン・ビーバーが、アルゼンチンでボディーガードにパパラッチを暴行させた件で、

出廷命令に応じなかった為に、アルゼンチンの裁判所が、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、

国際指名手配をしたとAFP通信が報じている。

スポンサードリンク

【4月11日 AFP】カナダの人気アイドル、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)さん(21)が2013年にツアーで訪れていたアルゼンチン・ブエノスアイレス(Buenos Aires)でカメラマンへの暴力行為に関与したとされる事件で、アルゼンチンの判事は国際刑事警察機構(インターポール、Interpol、ICPO)に対し、ビーバーさんの身柄拘束を求める「国際逮捕手配書(赤手配書)」の発行を要請した。

告訴内容によると、2013年11月、ブエノスアイレスのパレルモ(Palermo)郊外のナイトクラブ前で、ビーバーさんに命じられたボディーガードがカメラマンのディエゴ・ペソア(Diego Pesoa)さんのカメラと携帯電話を無理やり奪ったとされている。

アルゼンチンの裁判所は昨年11月、ビーバーさんに出頭命令を出していたが、ビーバーさんはこれを無視している。アルゼンチンのアルベルト・バニョス(Alberto Banos)判事の秘書はAFPに対し、「裁判所に出頭して証言せよという命令をジャスティン・ビーバー氏が無視しているため、彼が世界のどこにいようと拘束するようインターポールに要請した」と述べた。

この秘書によると、ビーバーさんは命令から60日以内に出頭しなかったため、今月8日にインターポールへの要請を行った。インターポールは自ら逮捕状を発行することはないが、ある国で逮捕状が出されている場合にそれを190の加盟国・地域に通知する国際手配書を発行することができる。

ビーバーさんがアルゼンチンを訪れたのは2013年だけ。この時はカメラマン襲撃事件の他にもホテルから追い出されたり、腹痛を理由にショーを45分間で終わらせてファンを怒らせたりするなど、さまざまなトラブルを起こしていた。(c)AFP

引用元:AFP

さて、今回問題となっている事件の映像ははコチラ






なぜ、アルゼンチンが国際指名手配をしてまでジャスティン・ビーバーに怒っているのかといえば、

そのことに対して憶測されるのが、

やはり国旗踏みつけ事件ではないだろうか。

2013年11月9日

アルゼンチンでの「Believe」ツアーで、ステージ上の

ジャスティンの足元に投げ込まれたアルゼンチン国旗を

足で引きずりながらステージ脇に落とした行為に対して、

アルゼンチンに対する侮辱として問題となり後日謝罪をした。

かなり凄いことやっちゃっているアルゼンチンでの問題のシーンがこちら。

HOLLYWOODSNAPでは、以前より、ジャスティン・ビーバーのトラブルと事件を大追跡。

その全貌は、コチラで↓





LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!