ALL POST パパラッチ動画 海外セレブ ゴシップ ニュース

ジャスティン・ビーバー、車でパパラッチを撥ねたとして訴えられる《動画有り》

snap via nydailynews.com

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber,20)が、パパラッチのウォルター・リー(Walter Lee)氏より訴えられている。

事件があったのは2013年の出来事、米カリフォルニア州L.Aのビバリーヒルズ近郊のサンセット大通りにある、

コメディークラブ『Laugh Factory』で黒人ラッパーのリル・トゥイスト(Lil Twist,22)とお笑いライブを観た帰りのこと。

スポンサードリンク

米TMZによると、ジャスティン・ビーバー(20)とラッパーのリル・トゥイスト(Lil Twist,22)が、

コメディークラブ『Laugh Factory』から出てくるとそこにはいつものようにパパラッチ達が、

ジャスティンの白のフェラーリの前を占拠して待ち構えていた。

ジャスティンが運転席へ、リルが助手席へ乗り込むと、パパラッチ達は執拗に車の前に立ちはだかり、

発車できないようにしながら写真を撮影し続けた。

しびれを切らしたジャスティンはフェラーリのエンジンを掛けて、軽くフカして牽制するも一向に引こうとしない報道陣。

それどころか、少しづつ動き出したジャスティンのフェラーリにわざと手を載せて、「当たったぞ!」と挑発している。

snap via YouTube

リルが一度車外に出て車の傷やパパラッチに離れるように指示するも変わることなく前に立ちはだかるパパラッチ。

最終的には通りに出る際に接触したらしく、パパラッチの男性ウォルター・リー氏が路上に倒れ込んでいる。

最近になって、二度と完治することのない右膝と脚に重傷を負ったとして訴えを起こしたウォルター氏、

病院での治療費の請求書などを証拠として提出している模様。

これに対してジャスティン・ビーバーは、

裁判所が訴えを破棄することを望んでおり、「バカバカしい。」と発言、

真剣に取り合うつもりはないと意志を表明している。

また、本当に怪我をしたのかどうかも疑わしいと話しているという。

明らかにパパラッチによる当たり屋行為、全ては動画に記録されている模様、

これに対して、ロサンゼルスの裁判所はどのような判定を下すのか、全米が注目している。

それでは、実際のパパラッチとの事故シーンを動画で検証したい。

(PC用動画:スマホの方は、2番目の動画を。)






 

事件動画:ロングバージョン(スマホ対応)

ちなみにジャスティン・ビーバーはパパラッチと交通事故を起こすのはこれが最初ではない。

度重なるトラブルをパパラッチと繰り返してきた、

過去にはジャスティンの乗っているとされるフェラーリを追跡していたパパラッチが、

他の車に轢かれ亡くなるという悲しい事件も起こっている。

しかし、実際にはそのフェラーリはジャスティン所有のものであったが、

運転していたのは友人であり、ジャスティンは不在だった。

ジャスティン・ビーバー、トラブル一覧



LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!