ALL POST 海外セレブ ゴシップ ニュース

ジャスティン・ビーバー、有罪判決もパパラッチに完全勝利

カナダ人シンガーソングライターのジャスティン・ビーバー(21)が、去年8月26日にカナダのオンタリオ州パース群ストラトフォードで当時交際していたとされる女優で歌手のセレーナ・ゴメス(22)と共に4輪バイクに乗って公道を走行中にパパラッチの運転するミニバンとの衝突事故を起こしその後パパラッチを暴行した件について、有罪判決が下された。

スポンサードリンク

ジャスティン・ビーバーに好意的な判決

複数の海外メディアの発表によると、ジャスティン・ビーバーは、現地時間6月4日(木)のカナダ・ストラトフォードの法廷にオンラインビデオ電話の「Skype」経由で米ロサンゼルスの顧問弁護士ハワード・ウェイツマンの事務所から中継で出廷、裁判長から不注意運転(the careless driving charge)に対して$750カナダドル(約7万5000円)の罰金刑を命じられたものの、

パパラッチの暴行に関しては「完全にその訴えを棄却する。」として、この件に関して実刑判決を含めた、保護観察、並びに社会奉仕活動は無い罰金刑のみの判決となった。

裁判長は、ジャスティン・ビーバーに刑を言い渡す際に、「今回の事件の全てを教訓として、これからは行動する前に考えること。」と諭した。

去年6月にもジャスティン・ビーバーはパパラッチとビバリーヒルズで衝突事故を起こしており、それ以外にもパパラッチと複数の交通トラブル、路上トラブルを繰り広げてきた。

今回の判決は、推定総資産2億ドル(約240億円)のジャスティン・ビーバーの財布から、たった7万5千円相当の金額が支払われるだけであり、パパラッチに対しては完全に勝利したと言えるかもしれない。

ジャスティン・ビーバーは、2014年1月13日には、卵で隣家を襲撃し

2年間の保護観察と隣人の家族に対して8万900ドル(約940万円)もの賠償金を支払うことで決着。

さらに同2014年1月には、

深夜のマイアミビーチでランボルギーニで公道レースし、

無免許運転(運転免許証期限切れ)、公務執行妨害、酒気帯び運転の疑いで逮捕された。

参照元:「L.A Times」,「TMZ」,「デイリー・ミラー紙




ジャスティン・ビーバーは事件当時怒っていた。

ジャスティン・ビーバーは、事故のあった昨年8月26日にパパラッチの危険運転やストーカー行為に対して、また彼女のセレーナ・ゴメスとの貴重な休暇をぶち壊されたこと、セレーナ・ゴメスを危険に巻き込んだことに対して、現場で怒りのあまり事故の相手のパパラッチを暴力を振るったとされている。

そして、その日にTwitterでも怒りを訴えていた。

「僕がさっき経験したこと(パパラッチによる危険運転とストーカー)について法律が存在すべきだ。私達はダイアナ元妃の死から学ぶべきなんだ。」

「….僕はパパラッチと問題は起こしていない。だけど、彼らが執拗に行動する時、彼らは僕ら全てを危険に巻き込んでいる。」




ジャスティン・ビーバー事件関連記事一覧

ジャスティン・ビーバー 国際指名手配、アルゼンチンが本気な理由。

ジャスティン・ビーバー、車でパパラッチを撥ねたとして訴えられる《動画有り》

ジャスティン・ビーバー交通事故る、パパラッチとのカーチェイスの末

ジャスティン・ビーバーが警察で身体検査を受ける&裁判動画!

ジャスティン・ビーバー、留置場の中で腕立て伏せする動画!

ジャスティン・ビーバー、司法取引により12時間の『グループカウンセリング』

オーランド・ブルームがジャスティン・ビーバーを喧嘩で殴った瞬間【動画有り】

その他ジャスティン・ビーバー関連記事一覧はコチラ




PLEASE FOLLOW & LIKE US!

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!