ALL POST HIPHOP/R&B

イギー・アゼリア、レコード会社は新曲に低評価、MV制作断念か

イギー・アゼリア
SNAP via:hoodedutilitarian.com

オーストラリア人女性ラッパーで、シンガーソングライターのイギー・アゼリア(25)は新曲『Azillion』のミュージックビデオ制作を許可しないと所属レコードレーベルEMI傘下『ヴァージン・レコード』から告げられたそうだ。

スポンサードリンク

■ イギー・アゼリア、新曲AzillionのMV制作にレーベルは許可せず!?

イギー・アゼリア
SNAP via:rapbasement.com

イギー・アゼリアは、今月9日に、ニューアルバムのティーザー音源として「Azillion」を音楽共有サイト『Sound Cloud』で公開した。ところが、所属する米ユニバーサル ミュージック グループ/EMI傘下『ヴァージン・レコード』によってこの新曲がミュージックビデオを作るほどの出来ではないと判断されてしまったとツイートしている。米音楽ヒットチャート&業界誌『ビルボード』が報じている。

「悪いニュースのアップデート:私のレコードレーベル『ヴァージン/EMI』は私のバイラル曲” Azillion” に対して良い反応を示していなくて、ミュージックビデオを作ることが許可されてないの」
イギーは、レコードレーベルからの評価に意気消沈してはいるものの、イギーはプロとしての姿勢を貫こうとしているようだ。

「いずれにしても、多くのことを私は言えるわ。でも、穏やかににプロフェッショナルにいることにするわね。ただ、質問してきたあなた達の幾つかの人に、何が起こっているかを説明したかったの。」

「もし全てがダメになったら、L.A市内を車で回って、毎週月曜日の午後4時から6時まで私のニューアルバムをかなり大きな音で流すことにするわ(笑)」
ニューアルバムのタイトルは『Digital Distortion.』であることが発表されており、年内にもリリースが予定されている。

そして、コチラがレコード会社からミュージックビデオをお金かけてまで作る必要はないと判断されているという「AZILLION」、皆さんはどう感じますか?

イギー・アゼリア、他に類を見ない白人女性ラッパーとして才能が際立っているためにこれからもHOLLYWOODSNAPでは徹底追跡していきたい!

📻 イギー・アゼリア、1月9日公開:新曲”AZILLION” ティーザー音源




HOLLYWOODSNAP : 注目の関連記事

ニッキー・ミナージュ まとめ 来歴

music videos





HOLLYWOODSNAPを応援して下さい。

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!