ALL POST ファッション 海外セレブ ゴシップ ニュース

ホームレスの男性、ジョン・エコノモーはスーパーモデルにナンパされてモデルの道へ

ジョン・エコノモー

カリフォルニア州ロサンゼルスの西に位置するヴェニスビーチ、L.Aでも最も人気のあるビーチの一つだ。そこでホームレスとして寝泊まりしていた男性ジョン・エコノモー(John Economou,20)は、撮影にやってきたスーパーモデルのケンダル・ジェンナー(20)とジジ・ハディット(20)に声を掛けられて、L.Aの大手モデル事務所「Two Management」に所属することになった。

ここまでならばハンサムな男性のサクセスストーリーで終わるのだが、実はこの男性、とても興味深い発言を沢山している。やはりホームレスになる人の根性は並大抵のものではないようだ。

スポンサードリンク

■きっかけはスーパーモデル2人からの”逆ナン”

ホームレスの男性、スーパーモデルへ
Snap Via:malemodelscene.net

英デイリー・メール紙によると、きっかけは今年の夏の初めだったという。

今年2人揃ってランジェリーメーカー『ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret)』のファッションショーデビューをして話題となった若手最注目モデルで親友同士のケンダル・ジェンナー(20)とジジ・ハディッド(20)、ヴェニスビーチでの撮影でやってきた2人は、砂浜でリックサックに着替えを2セット、歯ブラシのみ入れて、寝ているセクシーな長身の男性を発見、ホームレスでヴェニスビーチに寝泊まりしているジョン・エコノモー(John Economou,20)という人物だった。

身長191cmの長身に端正な顔立ちはサッカー界の貴公子クリスティアーノ・ロナウド(30)を彷彿とさせ、またルネサンス期の絵画・彫刻家ミケランジェロのダビデ像を現代に蘇らせたようなうらやましいルックスだ。

一方で、ジョン・エコノモーは、ビーチでまどろんでいると、ボディーガード達の姿が目立ちだし、警察沙汰かと思ったと話している。「あなたとてもキュートね」と2人に話しかけられたジョンは最初は2人が今最も”イットガール”なケンダルとジジだと気が付かなかったという。

周囲を見渡しても自分しかいないため、3人は会話に夢中になった。自分が今ホームレスであること、モデルになる夢の為にヴィニスにやってきてモデル事務所を探しているいることなどを話したのだという。するとケンダルとジジはすぐにL.Aの大手モデル事務所「Two Management」を紹介してくれたのだとか。




 

■”ヴェニスビーチのロミオ”と呼ばれ、ビーチの星空の下で寝るとき以外は女性の家を渡り歩く…

ジョン・エコノモー
Snap Via:malemodelscene.net
ホームレスの男性、ジョン・エコノモーは、ヴェニスビーチに集う女性たちの間では”ヴェニスビーチのロミオ”と呼ばれちょっとした有名人だったようだ。星空の下で寝るとき以外の日は、気に入った女性を見つけてナンパしてその子達の家で夜を明かす、そんな自由な毎日を送っていたと語っている。

そんな彼のある日は、ヴェニスビーチの星空の下で、まだ日が昇る前のAM4:00頃に起床し、そのままボディービルのメッカとして知られるゴールドジム・ヴェニスビーチ店へ直行し2時間程度体を鍛えるのだという。シャワーはジムで浴びているのだとか。

1970年代にアーノルド・シュワルツェネッガーがここヴェニスビーチを拠点として全米にボディビルブームを巻き起こしハリウッドに進出、ヴェニスビーチはボディビルの聖地として今でも多くのボディビルダーやハリウッドを目指す俳優の卵達が夢を追い求めて移住してくる地でもある。砂浜にもジムが作られ、海浜公園のトレーニング遊具からは様々なストリートワークアウトが生み出されていった。魅力的なボディを惜しむことなく魅せて歩くハンサムガイ達で溢れかえるビーチ、そんな中でも目立つ美男子というのはやはりもの凄い美貌なんだというのは容易に想像がつく。

その後、ジョン・エコノモーは、ジャスティン・ビーバーも時折訪れることで有名な砂浜のスケートパークに直行し暫くの間スケボーを楽しみ、その後はバスケットボールをする。

そして暫くリラックスして海を眺めた後に、友達と出掛けたりするのだとか。




 

■実家はお金持ち、実は野心家で自信家!「僕はあなた達が欲する全てを既に持っていた、ここに来たのはその先のレヴェルへ行くため。」

ホームレスの男性がモデルに
Snap Via:malemodelscene.net

ここまでのストーリーならば、とてもハンサムでプレイボーイな青年が慎ましくもワイルドに暮らしている中でトップモデルに知り合いモデル事務所に紹介されるという、人聞きのいいサクセスストーリーなわけだが、やはりホームレスで暮らすのはそんじょそこらの根性や気質では務まらないようだ。

ストーリー的には”最後のオチ”となる展開、とてもユニークで男らしい野心家の発言を紹介。

「僕は彼女達に有難うと言いたいです。今の僕があるのは全く彼女達のお陰なんです。」

「僕はトップになりたいです。ケンダルやジャスティン・ビーバーやそれらの人々のようなトップ中のトップになりたいのです。そうなれるかどうかについて私は自分自身に自信を持っています。」

「僕がここに来たのは1つの理由だけです。それは大金を得ること、そして名声を手に入れることです。」

「僕はそれなりにいい家の出身です。しかし僕は最底辺から昇って行きたいのです。私の両親のお金ではなく、ゴミの中からスタートしたいのです。」

「僕はランボルギーニやフェラーリなどあなた方が知っているエキゾチックな車、大きな家が欲しいのです。」

「僕はいつもあなた方が必要としてきた全てを既に持っていました。しかし、私はそれらをもう一つ上のレヴェルに行かせることを目指しています。それこそが僕がここに来た理由なのです。」

‘I’d like to say thank you to them – they are the reason where I am where I am now.’

‘I want to be the top – I want to be top of the top with Kendall, with Justin Bieber with those kind of people. I’m confident in myself if I can get there.

‘I came out here for one reason and that’s to get that money and get that fame.
‘I came from a nice house but I want to come up from the bottom, start from scratch, not from my parent’s money.
‘I want that Lamborghini, that Ferrari you know exotic cars, big house.
‘I’ve always had everything you could need but I want to take it to another level. That’s why I came out here.

引用元:デイリー・メール紙電子版

現在でもヴェニスビーチの星空の下で眠る生活を続けているというジョン・エコノモー。将来ケンダルとジジにお礼を言うためにも同じステージに立てる一流モデルを目指しているんだそう。発言が自由過ぎて、とても興味深い男性、ジョン・エコノモー(John Economou)の今後に注目したい。

レディー・ガガがホームレスと写真を撮り薔薇の花を渡した感動のお話
マイリー・サイラスとアリアナ・グランデのコラボが超話題 LGBTやホームレスの若者への慈善活動




HOLLYWOODSNAPを応援して下さい。

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!