『地球空洞説』をスノーデンが暴露か、ヒトラーは何度も探検隊を送っていた – hollywoodsnap
地球空洞説
3月. 30.

『地球空洞説』をスノーデンが暴露か、ヒトラーは何度も探検隊を送っていた

地球空洞説

『地球空洞説(Hollow Earth Theory)』は、古くは1692年に、ハレー彗星の軌道計算を初め、多くの科学的業績で知られるイギリスの天文学者、地球物理学者、数学者、気象学者、物理学者であるエドモンド・ハレーにより初めて提唱されました。

そして1770年頃に現代数学や物理学の礎となり、最も美しい方程式とされる「オイラーの法則」を発見したレオンハルト・オイラーにより地球内部の中心に1つの太陽が存在しているとして改めて提唱された列記とした学説であり、その後多くの体験談や逸話を生みました。

思えばハリウッドSF映画は、「地球で起こっていることをリークする映画だ!」などと頻繁に言われてきましたが、今日ご紹介する『地球空洞説(Hollow Earth Theory)』はハリウッドSF映画を超えるほどのファンタジーとロマンに溢れています。

実は科学的に完全に解明されていない地球の内部組成のもう一つの封印された理論こそが『地球空洞説(Hollow Earth Theory)』であり、そこには人類が想像を絶する超科学テクノロジーの超高度文明が存在する可能性に満ちています。それでは未知なる世界との遭遇にご招待します。。。

※この記事は都市伝説、陰謀論、超常現象専門サイト『EARTHER[アーサー]』の記事を要約し一部別の説明を加え刷新した内容になります。

スポンサードリンク

■地球の内部組成は推測に過ぎなかった!

地球の内部組成
出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

地球の内部組成について「地学(Earth Science)」の教科書を開けば図解された地殻⇒マントル⇒外殻(液体)⇒内核(固体)というものを学ぶことが出来ます。

しかし、残念ながらこれは科学的に証明されたものではなく最も有力視されている理論(推測)に過ぎません。地震波の伝わり方、マグマの鉱物組成、隕石の鉱物組成などから推測しているのです。

ボーリング調査(掘削)の世界最新記録はソビエト連邦の国家プロジェクトをしてでもなんと地下11kmの地殻と呼ばれる領域までしか掘れていません、確かめられていないのです。

また最先端の調査手段である地震波トモグラフィでも同様に地球深奥の5100km~6400kmにある内核と呼ばれる鉄とニッケルの合金とされる部分(レーマン不連続面)はおろか、深奥2900kmにある外核とマントルの境界線であるグーテンベルグ不連続面までさえも解明できていない(推測の領域)なのが現実なのです。




 

■地球空洞説の体験談、ヤンセン親子の手記

地球空洞説 ヤンセン親子
出典:5.tiki.ne.jp

ノルウェー人漁師のヤンセン親子はスウェーデン沖で漁をしているところ、大嵐に遭難し何日間も海を彷徨うと北極付近の海まで流されてしまいました。

すると目の前には360度海で作られた水のトンネルが現れ、、上空にも横にも海が存在、しかし船の前後には空が広がっていたといいます。

その海のトンネルを何日間も掛けて流されると、とうとう普通の景色の世界、いや何かが変ではあるが、とにかく後で分かったという地球の内部の世界へ続いていたというのです。

やがて1つの船に助けられるヤンセン親子ですが、その乗組員達を見て唖然とします。身長が4Mもあったのです。さらに平均寿命は800歳前後で皆とてもいい人で、地球の現代科学を遥かに凌駕する超科学テクノロジーを駆使していたそうです。

2年間ほど地球の内部世界で過ごしたヤンセン親子は今度は南極方面の360度海のトンネルから表の地球に戻ってきたという手記の有名なお話です。

ヤンセン親子の体験談の詳細は『EARTHER[アーサー]』の記事で




 

■元CIA職員、エドワード・スノーデン氏が地球内部に超高度知的生命体の存在を暴露

エドワード・スノーデン
出典:cbc.ca

CIA(アメリカ合衆国中央情報局)とNSA(アメリカ国家安全保障局)にてアメリカ政府による情報収集活動を担ったエドワード・スノーデン氏の暴露は結構ニュースとなったので既に知っている人がいるかもしれませんが、私達が教育された既成概念を覆す驚愕の内容が語られています。

要約すると、地球の内部、マントルの部分に地球上の科学を遥かに凌ぐ高度な知的生命体が存在し、これまでに伝えられたUFOなどが火山の噴出口や海底の熱水噴出孔へ出入りする映像などは、地球内部世界への出入り口であるからだということです。

スノーデン氏はかつて米政府の機密文書を元に、次のように証言していたそうです。

〈UFOについての政府公式見解として発表されて来た『風船』や『自然現象』はもはや無理がある。いくつかの秘密文書は、我々よりはるかに高度な知的生命体の存在を示している。最も確実で不可解な観測は、海底の熱水噴出孔へ入って行ったり、太陽の軌道に入って行ったりする”乗り物”だ〉

そして、その”乗り物”を操っている存在については、〈弾道ミサイル追跡システムと深海ソナーの情報が、国家機密になっている。機密に触れられる国防高等研究計画局の請負業者のほとんどは『地球のマントルに我々よりはるかに知的な生命が存在する』と確信している〉

地殻の下層に位置するマントルにいる知的生命体、つまり地底人の存在をスノーデン氏は証言したのだ。

引用元:livedoorニュース

ここからは筆者の推測ですが、このスノーデン氏の話を聞いた人、文字に起こした人、日本語に翻訳した人がもしかすると『地球空洞説(Hollow Earth Theory)』を全く知らなかった可能性があります。

地球に地底人や地下帝国が存在するという都市伝説の方が遥かに有名な話だからです。いずれにしても、スノーデン氏の発言により、地球の内部には我々の想像を遥かに超える驚愕の世界が存在し、それを米軍や米国諜報機関はかなりのレベルで把握し、もしくは既にコンタクト、連携を取っている可能性を示唆していると言えるかも知れません。

📹エドワード・スノーデン「地球には宇宙人が来ている 地底人がいる」






 

 

■第二次世界大戦期にUFOを完成させていた逸話が残るアドルフ・ヒトラーは地球内部世界との接触の為に3度の南極探検隊を派遣

ヒトラーの予言
出典:pinterest.com

1939年9月1日にポーランドに侵攻することにより第二次世界大戦を勃発させたドイツの首相アドルフ・ヒトラーは、政権をとると同時に沢山の予言をナチ党最高幹部らにし、大戦当時も、現在までも、その予言とその年のほとんどがほぼ正確に的中してしまっているようです。

また現代でも語り継がれるのは当時のナチス・ドイツの科学力は地球上最先端で米国もそれを手に入れようとしていたということです。一説によると第二次世界大戦中に地球型UFOを完成していたが実戦に投入間近でどれも失敗に終わったということです。

いずれにしても、大国ドイツの最高権力者ともあれば一般人が知ることの出来ない世界の最高機密に接し、各分野のスペシャリストを擁していたはずです。ヒトラーは自身の霊能力に合わせてそうした霊的スペシャリストの助言により『地球空洞説(Hollow Earth Theory)』を確信し、チベットを始め世界各地に地球内部世界の入り口発見の為の探検隊を派遣しています。

そして南極には探検隊を第二次世界大戦中も含めて合計3回も送っており、それらは映像資料で残されているだけでなく、地球の覇権を握ろうとする米、英はこの行動が何を意味するのか、知ってか知らずか、偵察と称して、探検隊を尾行し、海上交戦するに至っています。

一説によると、ヒトラーは第二次世界大戦に勝つことよりも地球の内部世界との接触を優先していたとの説があり、それは軍事予算を大幅に切迫する戦時中の探検隊とその食糧支援などからも裏付けることが出来ます。またチベットの原住民族から、地球の地下帝国のある一派と接触し、超科学テクノロジーを教わっていたという説も存在します。

いずれにしても、隣国オーストリアの画家志望から断念し建築家にシフトチェンジ、その後第一次世界大戦では下級兵士だったヒトラーが世界に名だたる悪の大帝国をほんの20年で築きあげた実績からはヒトラーが常人離れした実力者であり、現代科学で説明のつかない何か大きな力が働き、地球の秘密を知っていた可能性は、名前ばかりの預言者の発言とは重さが違うと言え、ヒトラーが探し求めた地球内部世界に対する内的洞察と眺望は、大いに参考するに値するのではないでしょうか。

この記事をさらに詳しく読みたい方は⇒『EARTHER[アーサー]』で詳細に読む。










HOLLYWOODSNAP最新情報を受け取ってください。

LINEで送る
Pocket

By ハリウッドスナップ---"ハリスナ" | Posted in ALL POST, 都市伝説・超常現象・面白 | Trackbacks are closed, but you can post a comment.

Tagged: , , ,



HOLLYWOODSNAPコメント欄

I Like It !!

Facebook
Facebook
Google+
Google+
http://hollywoodsnap.com/hollow-earth-theory-html/">
YOUTUBE
YOUTUBE
error: Content is protected !!