ALL POST 海外セレブ ゴシップ ニュース

ハリソン・フォード、ドナルド・トランプをTVで猛烈にディスる動画

ハリソン・フォード、ドナルド・トランプのラブコールに対し猛烈にディスる
Snap Via:YouTube

来年の米大統領選の共和党候補でトップを独走中の不動産王ドナルド・トランプ(69)にハリウッドスターのハリソン・フォード(73)がオーストラリアの朝のテレビ番組『STUDIO 10』で、「ドナルド、あれは映画だ、現実は違うのだ。君は理解できないだろう?(苦笑)」と猛烈な苦言メッセージを送り世界中で話題となっている。

スポンサードリンク

■ドナルド・トランプ、ラブコール送ったハリソン・フォードに「あれは映画だ、現実は違う。君は理解できそうもないな( ´,_ゝ`)プッ」とディスられる。

ドナルド・トランプ、ラブコール送ったハリソン・フォードから「あれは映画だ、現実は違う。」とディスられる。
Snap Via:businessinsider.com

発端は、先日行われたニューヨーク・タイムズ紙とのインタビュー中に「私が一番好きな映画の中の大統領は『エアフォース・ワン』で飛行機の中でテロリストと戦ったハリソン・フォードだ。彼は私の物件に住んでいる上、アメリカのために立ち上がったのだ。」と述べたことだった。

『スター・ウォーズ』シリーズや『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『エアフォース・ワン』 などハリウッド映画50作以上に出演、そのほとんどが主役というアメリカが誇る大スターのハリソン・フォードは9日にオーストラリアの朝のテレビ番組『STUDIO 10』に出演しインタビュアーからそのことについて聞かれると、まるで子供をたしなめるかのようにメッセージを送った。

ハリソン・フォード「ドナルド・トランプ?彼がなんて言ってたって?」

インタビュアー「彼は貴方のファンだと言ってます。『エアフォース・ワン』でアメリカの為に立ち上がった男だと言っています。」

すると遮るように、ハリソン・フォードが、

「フフフあれは映画だ、ドナルド、あれは映画だよ(カメラ目線)。現実の人生は全く違うものだ。だけど、君には理解できそうもないな?(苦笑)」とテレビカメラに向かってコメントした。

さらに「プレジデント(大統領)?おー、私は彼はレジデント(見習い)かと思った。」と言ってスタジオを爆笑させる一幕もあった。

このシーンが世界中で話題となっており、大ウケしている。既にこのシーンをキャプチャーしたGIFアニメがSNSを駆け巡っている。

「映画と現実は違う。」と真顔になってたしなめたハリソン・フォードだったが、今年3月には自身が操縦する第二次世界大戦期の小型機でゴルフ場に胴体着陸し、3度目の航空機事故を起こすなど映画の役そのままの不死身の豪快ぶりを老いてなお発揮している。

📺 ハリソン・フォード、ドナルド・トランプに「あれは映画だ、現実は違う、君には理解できそうもないな( ´,_ゝ`)プッ」と猛烈なディスを送る。






HOLLYWOODSNAPを応援して下さい。

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!