ALL POST HIPHOP/R&B 海外セレブ ゴシップ ニュース

ヒップホップ界の帝王”ディディ”がファンをクラブで殴り捜査

アメリカのエンターテイメントシーンで最も成功した一人として位置づけられ

東海岸を代表するヒップホップ・レーベル、バッドボーイ・レコード設立者でCEO、

ヒップホップ業界そのものを牽引し大きくした人物であり音楽プロデューサー兼ラッパー

人気ファッションブランド”Sean John(ショーン・ジョン)”をプロデュース、

フランス産ブドウから作られるウォッカ「CIROC(シロック)」をプロデュース、

香水「I Am King of Miami (アイ・アム・キング・オブ・マイアミ)」をプロデュース、

ナイトクラブやレストラン経営をする実業家であり、推定総資産$700ミリオン(約821億円)と言われる

ディディことショーン・コムズ(Diddy,Puff Daddy,Sean Combs,45)が、

クラブでの主催パーティーにやってきたファンを殴ったと告発され、警察が事情聴取している。

スポンサードリンク

米TMZによると、事件が起こったのは、1月31日土曜日の夜、

ディディは、NFLスーパーボウル2015のパーティーをクラブで開催したものの、

ほとんどステージに立たずにVIPルームに入り浸っていたことにファンの1人が怒り、

文句を言いに来たファンを殴り飛ばしたという。

原告のスティーブン・ドナルドソン(Steven Donaldson)さんは、ディディのステージを観るために

$100支払って入場したのに関わらず、ほとんどステージに立たっていないことから、

ステージに立つように文句を言いに直接詰め寄ったところ、ディディに殴り飛ばされ、

さらに、クラブのセキュリティーはディディではなく、殴られたスティーブンさん目がけてタックルを決め、

場外に連行したとのこと。

この一連のシーンはつぎはぎの動画で撮影されていた。

「ヘイ、なんで君はステージに立たないんだ?」と詰め寄るスティーブンさん、

さらにその後少し離れたところから、「さっさとファ●クなステージに立てよ、メーン!」と叫ぶスティーブンさん。

ファ●クを連発するスティーブンさんに怒ったディディが、

次の切り替わるシーンではすでに殴り倒した後とされている。

倒れたスティーブンさんがセキュリティーに取り押さえられて連行される姿が映っている。






警察が到着した時にはディディはすでに会場に居なく、泥酔状態のスティーブンさんがいたとのことだ。

現時点でディディのスタッフからはこの件に関しての問い合わせの返答がないとのこと。

 

ディディは、翌日のNFLスーパーボウル2015を、

アリゾナ州グランデールのフェニックス大学スタジアムの観客席から楽しんだ模様。

ディディは、昨年12月にラッパーのドレイク(Drake,28)を殴打し、病院送りにしたばかり。

関連:ディディ(パフ・ダディ)がラッパーのドレイクを殴打しER送りに、楽曲を巡る確執

snap via kibitzhomme.com

過去には音楽プロデューサーの肩書を全て覆す”ゴーストライターの告白”をするも、

全くといっていいほど音楽業界でのキャリアに影響を及ぼさなかったほどの絶対的カリスマのディディ

 

基本的に報道陣やファンに対して紳士的でフレンドリーな対応をすることで知られるディディ

だが、この男こそが、語り継がれるヒップホップ東西抗争の東海岸のボス的存在であり、

ギャング、マフィアがひしめく米ヒップホップ界を牽引してきた男には、今後も要注意が必要だ。



関連:HIPHOP界の帝王シュグ・ナイトが轢き逃げ後に殺人容疑で逮捕

関連:シュグ・ナイト、クラブで銃撃され重体、クリス・ブラウン主催パーティー【動画有り】

関連:クリス・ブラウン、パフォーマンス中5発の銃撃、再び【緊迫動画】

関連:アメリカのラッパー、ヒップホップMC撃たれても生き延びた10人

関連:リルウェインがドレイク、ニッキーらを連れてレーベル離脱を宣言



LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!