ALL POST 洋楽アーティスト 海外セレブ ゴシップ ニュース

デヴィッド・ボウイ、コールドプレイのコラボ要請を断っていた

デヴィッド・ボウイ コールドプレイ
SNAP via:consequenceofsound.net

今月10日に亡くなったイギリス出身のデヴィッド・ボウイは、2000年代から現在までUKロックの代表格とされるバンド『コールドプレイ(Coldplay)』とのコラボの話を断っていたそうだ。

スポンサードリンク

■ コールドプレイ、デヴィッド・ボウイにフラれる!?

コールドプレイ
SNAP via:fanart.tv
コールドプレイのメンバーはデヴィッド・ボウイのファンで、常にボウイと一緒に仕事がしてみたいと思っていたことから一度クリス・マーティンがそのアイデアをボウイに持ちかけたことがあったが、すぐに断れてしまったというエピソードをドラムのウィル・チャンピオン(37)が明かしている。

「ボウイから”あんまり良い曲じゃないよね?”って言われたんだ。彼はとても目の肥えた人だから名前だけのためになんて何もするつもりはなかったね。それは称えるべきところだね!」

「音楽に関わる人間にとっては彼はなんにおいても引き合いに出される人だったよ。ジャンルでもロックスターとかポップスターとかっていうものへのなり方とかね。まさにそれを定義づけていたんだ。だからミュージシャンたちにとっては混乱するものでもあるよね」とこのように、ウィルは英音楽誌『NME』誌にに語った。

肝臓癌で他界したボウイにコールドプレイは追悼メッセージを捧げており、ギターのジョニー・バックランドは「デヴィッド・ボウイが亡くなったと聞いてとにかく悲しい気分になったね。僕たちは音楽を知っている長さと同じだけ彼の音楽を知っていたんだから」と心境を語っている。

その一方で、来月2月7日にカリフォルニア州サンタクララのリーバイス・スタジアムで開催される予定であるアメリカン・フットボール(NFL)の優勝決定戦『第50回スーパーボウル』のハーフタイムショー出演が決定しているコールドプレイはそのステージでリアーナやビヨンセとのコラボを希望していると言われている。

ある関係者は「クリスとメンバー達は自分たちがダンサーたちを従えてパフォーマンスをするケイティ・ペリーやマドンナみたいに華やかなショーをするタイプではないことは分かっていますので、何かサプライズを用意したいんです。ビヨンセとリアーナはあの人気イベントに参加するのに乗り気ですし、素晴らしく忘れられないショーにするためにきらめきを与えてくれることでしょう」と話していた。

是非、デヴィッド・ボウイとコールドプレイのコラボが見たかった!と悔やむUKロックファンも多かったはず、一体デヴィッド・ボウイはなぜ断ってしまったのだろうか。

ちなみにコールドプレイ(Coldplay)のヴォーカルのクリス・マーティン(38)といえば、人気絶頂の初期の2004年頃に、当時の妻でハリウッド女優グウィネス・パルトローが妊娠中にもかかわらず付きまとうパパラッチにブチ切れて、普段の知的な雰囲気とは180度離れた怖い風貌でパパラッチを襲っている。




 

HOLLYWOODSNAP : 注目の関連記事

パパラッチと海外セレブの抗争

ハリウッド女優、スーパーモデル、美しきスッピンを披露したと評される8人のスナップ

ケイティ・ペリー、NFL スーパーボウルで超巨大ロボでパフォーマンス

NFLスーパーボウル2015のCM一挙公開、話題騒然の面白CM集





HOLLYWOODSNAPを応援して下さい。

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!