ALL POST 海外アスリート 海外セレブ ゴシップ ニュース

クリスティアーノ・ロナウドとジャスティン・ビーバーがツーショット!

クリスティアーノ・ロナウド(29)とジャスティン・ビーバー(20)のツーショット写真をジャスティン・ビーバーがInstagramに投稿し話題となっている。

スポンサードリンク

こちらが2週間ほど前にジャスティン・ビーバーがインスタグラムに投稿したクリスティアーノ・ロナウドとのツーショットセルフィーだ。

この2人のビッグスターは友人関係であるとされているが、世界中で知らなかった人がほとんどらしく、話題となっている。

これに対してクリスティアーノ・ロナウドのインスタグラムには、ジャスティン・ビーバーと親交が深い伝説のボクシング王者、46戦無敗神話を継続中のフロイド・メイウェザー・ジュニアとのツーショット写真が投稿されているのみでジャスティン・ビーバーとのツーショットが見当たらない・・・。投稿されていなかった。

 関連:ジャスティン・ビーバーとボクシング王者との奇妙な友情関係

先日もスペインのイビザ島でオーランド・ブルームとレオナルド・ディカプリオと喧嘩し世界を騒がせ、アメリカ市民からホワイトハウスへの国外退去署名が一定数を超えたこともあるジャスティン・ビーバーを積極的にインスタグラムに投稿することをためらったのであろうか、9歳差のビッグスター同士のパワーバランス、友好関係の築き方など超一流どころだけに気になるところだ。

先日のクリロナ来日時の「食わず嫌い王」の全動画を見た感じではクリロナは結構、自身の取り巻きや処遇に対して厳格に選んでいるサッカー選手らしい性質がある感じがするが、それがクリロナを超一流にしたのだろうか、ジャスティン・ビーバーは、ファンとの応対を見る限りではいつもとてもフレンドリーだ。




1年ほど前には、ジャスティン・ビーバーがワールドツアー「Believe」でクリロナの母国ポルトガルの首都リスボンを訪れた際にクリロナがジャスティンに対してTwitter上で

「@justinbieber君がリスボンでロックしているのを聞いたよ、ようこそマドリードへ、君が盛大に成功することと可能性を持っていることを確信しているよ。」とツイートを送った。

これに対してジャスティンは、「@cristiano ここに居れてとても嬉しいよ、マイ・フレンド!歓迎してくれてありがとう!#マドリード」とツイートにマドリード(スペインの首都)へ#ハッシュタグ付きで返信した。

ジャスティン・ビーバーのTwitterフォロワー数は5千万3百万人超え、これに対してクリスティアーノ・ロナウドのTwitterフォロワー数は、、2千万8百万人となっており、ジャスティンのほうが圧倒的にフォロワーが多い。

世界ではジャスティンの方がファンが多いのだろうか?とても意外だ。

ちなみに、2013年のワールドツアー「Believe」ではポルトガルとスペインが隣であることからリスボンの次にマドリードで公演を行ったジャスティン・ビーバー。

ところが、2013年3月11日と12日のリスボンでのポルトガル公演は2日目の12日が急遽ジャスティン・ビーバーのロンドン公演中に息切れによりステージ上で倒れたことを理由としてキャンセルされている。

しかし、実際はポルトガルでのチケットの売れ行きが悪く空席が目立つならばいっそキャンセルにしてしまおうという判断だったとされている。

 参照:The internet nearly exploded when Cristiano Ronaldo tweeted Justin Bieber today

ビッグスターのジャスティン・ビーバーとクリスティアーノ・ロナウドが今後どう友情を築いていくのか、気になるところだ。



LINEで送る
Pocket

error: Content is protected !!