ALL POST HOLLYWOODSNAPからのお知らせ 海外アスリート 海外セレブ ゴシップ ニュース

ブルース・ジェンナー(65) 元五輪金メダリストが女性に性転換中

ブルース・ジェンナー 女性に性転換

モントリオールオリンピック陸上十種競技を世界新記録で金メダル獲得後、俳優に転身、

リアリティーショー『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ(原題:Keeping Up With The Kardashians)』では、

カーダシアン&ジェンナー家のセレブ大家族の父としてお茶の間で大人気を博していた、

今最も全米が注目する60代、ブルース・ジェンナー(Bruce Jenner,65)が、

超話題となった米『In Touch』誌の特集記事で女性に性転換中であることをカミングアウト。

ブルースは、整形を繰り返したことで有名な人物で、

年とともに容姿は中性的に、スポーツブラ、マニキュアをして外出などがパパラッチされてきた。

カーダシアン家の女帝クリス・ジェンナー(Kris Jenner,59)を含め3人の女性と結婚生活を送った男性だったが、

喉仏を切除して、女性ホルモンを注射、豊胸手術と、本格的に女性になることを決意した模様。

生まれつきの性同一性障害ではなく、

後天的に年齢が増してからの性転換は非常に数少ない例なだけに全米が注目している。

追記2015-06-03:後のインタビューで「5歳の頃から心は女性だった。」と語っている。

スポンサードリンク

ブルース・ジェンナーの足跡

1976年には、モントリオールオリンピック陸上十種競技で世界新記録で金メダル獲得。

キング・オブ・アスリートの称号を欲しいままに、全米中が憧れたブルース・ジェンナー

snap via theapricity.com

全米最注目タレントの1人、キム・カーダシアン(34)と姉のコートニー・カーダシアン(35)、

妹のクロエ・カーダシアン(30)の義理の父

モデルのケンダル・ジェンナー(19)とカイリー・ジェンナー(17)の実の父であり、

その他にも前妻2人との間の実の子供が4人、

カーダシアン家の女帝クリス・ジェンナーと23年間結婚生活を送ってきた。

ここ近年、急速に女性化が進むブルース・ジェンナー(65)に対して、好奇的な報道が続いていた。

snap via zimbio.com

23年間連れ添ったカーダシアン家の女帝で敏腕芸能マネージャーのクリス・ジェンナー(59)と

2014年に離婚、ブルースは、1人、カリフォルニア州マリブの高級住宅地に移り住んだと報道がされ、

2007年から始まったリアリティーショーでブルースを見ることがもう出来なくなってしまう懸念、

リアリティーショー自体の存続も危ぶまれたが、シーズン10まではどうやら続行が決定。



ブルース・ジェンナー、女性化の兆候

リアリティーショーでは過去の整形失敗を告白し、フェイスリフトなどの整形をし直すなどしていたが、

シーズン8,9では、既にブルースの様子がすでに以前とは変わってきており、

リアリティーショー放送中の2014年の1月には、喉仏を切除する美容整形手術を受けていたと米TMZが報じている。

のど仏の切除は、通常、女性への性転換のファーストステージで行われるものだということから、

米TMZの質問に対して、「これは女性化への手術ではない、ただ気管が気に入らなかっただけ。」と回答。

Bruce Jenner post-surgery

snap via mirror.co.uk

そして、リアリティーショー終了後の、

2014年10月28日に迎えた65歳の誕生日に成る頃には、女性用のマニキュアを付けて外出する姿がパパラッチされている。

snap via twitter.com

リアリティーショーが終了後も徐々に髪の毛を長髪に伸ばし、

現在は女性のロングヘアーと同じ長さまで髪の毛が伸びてきている。

snap via mirror.co.uk

囁かれる乳房の肥大化、元家政婦曰く、家では女性もののブラジャーを付けているとの証言。

これは女性ホルモンを投与しているときに起こる現象として有名なもの。

snap via mirror.co.uk



ブルース・ジェンナー、カミングアウト

このような経緯から2015年1月には、米ゴシップ誌『In Tutch』が、「My Life As a Women」という

衝撃的なカヴァーをブルースの写真をPhotoshopして発売。全米で話題騒然となった。

この『In Tutch』誌でブルース・ジェンナーは、自身がトランスジェンダー(性転換中)であるとカミングアウト。

偽りの人生に嫌気がさし、女性としての人生を満喫したいという衝撃的な心情を吐露。

豊胸手術も計画中であり、女性として一日中を過ごすようになったら、

『The Advocate』のようなLGBT(レズ・ゲイ・バイ・トランスジェンダー)専門誌に、

出来る限りグラマラスな格好で出演したいと意気込みを語っている。

またカーダシアン&ジェンナー家の女性達のようにブランド物に興味があるわけではなく、

伝統的かつ印象的な女性としての姿を披露していきたいと語っている。

元々演技力のある人なので女性に成りきるのも早いかもしれない。

元妻のクリス・ジェンナーは、この雑誌カヴァーには大激怒しているとか。

そして、女性になっていく過程をもっと全面的にサポートしたいのだが、

ブルースがそれを許さないでいるので出来ないでいると関係者に漏らしている。

snap via gistus.com

ブルースは現在、自身が女性になる姿をドキュメンタリードラマで撮影させることを計画中、

性転換した女性として有名人の地位を活かして大々的に活動していきたい模様。

 

現在、リアリティーショー『Keeping Up With The Kardashians)』を放送する『E! 』の首脳陣は、

ゲイやレズなどセクシャルマイノリティーへの誹謗中傷に対する権利同盟組織『GLAAD』に、

ブルースの今後の性転換のドキュメンタリー製作のアドバイスをもらっている。

また英Mirrorによるとタイトルは、“Bruce Jenner: My Journey”となるのではないかと推測がされている。



ブルースのように、年齢がいってから女性に性転換した有名人では、

元ボクシングプロモーターで現政治家のケリー・マロニー(Kellie Maloney,61)がいる。

snap via metroless.com

 

ところが、ケリー・マロニーは、2014年11月にさらに女性らしくなろうと整形手術をするが失敗、瀕死の重傷を負ってしまったことを告白している。

閲覧注意の写真はコチラで。後に、何とか修復できた模様である。

関連:Kellie Maloney: Surgery nearly killed me and turned me into a monster

 

今日紹介したブルース・ジェンナーとケリー・マロニーは、

両者男性として生きてきて、女性と結婚し幸せな結婚生活を送りつつ子供をもうけている。

しかし、それでも女性に性転換したいと強く願い女性に性転換したというケースはLGBTの世界でも珍しいと思われる。

HOLLYWOODSNAPは、LGBTを全面的に支持!今後もLGBTの話題をいち早く報道し伝えていきたい。

 

追記2015-06-03:ブルース・ジェンナーは、6月1日に、ケイトリン・ジェンナーとして女性デビュー

続報:女性ケイトリン・ジェンナーとして生まれ変わったブルース・ジェンナー(65)

Watch:ブルース・ジェンナーがトランスジェンダーであることをTVインタビュー番組で告白

Watch:ブルース・ジェンナー、「5歳から心は女性だった。」五輪陸上十種競技金メダリストの女性性転換、全米が注目

Watch:ブルース・ジェンナーが死亡交通事故、4台が衝突、性転換中の金メダリストに何が

Watch:ブルース・ジェンナー、交通事故CG動画公開、過失運転致死傷罪か






PLEASE FOLLOW US ON FACEBOOK !

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!