10 ランキング リスト ALL POST 海外セレブ ゴシップ ニュース

ハリウッドセレブのうざい習性、アメリカ人が思う、BEST10

些細なことから、どうでもいいことまで、ハリウッドセレブが道を歩けばニュースになる世の中。

しかし、ハリウッドセレブ達は称賛されてばかりいるわけではないのである。

アメリカ人が思う、ハリウッドセレブ達の習性で最もイライラする、うざいと挙げられていた行動をピックアップ。

結構、日本人が普段思っているのと同じことを思っていることが分かった。

スポンサードリンク

10.すぐ喧嘩する。誰とでも喧嘩する。

Via mirror.co.uk

SNAP via mirror.co.uk

これは若いセレブに多い傾向だが、それだけにとどまらない。

元々、セレブリティ(和訳:有名人)とは、自己顕示欲が強すぎてセレブになってしまった人はかなりの割合を占める。

故に、自己顕示欲と自己顕示欲が出会えば衝突をするものだ。

またその自己顕示欲に触れようものなら、一般人であろうと、容赦ないセレブからの反撃を食らうものだ。

そう、セレブは、体を張っているのだ。




 

9.政治家になろうとする。なってしまう。

SNAP via zimbio.com

この傾向は、日本でも顕著だが、アメリカでもよくあることだ。

ロナルド・レーガン元米大統領は、ハリウッド俳優やTVタレント出身。

カリフォルニア州の共和党員であるクリント・イーストウッド、

カリフォルニア州知事を務めたアーノルド・シュワルツェネッガー、など沢山いる。

「元々専門家ではない。」ということがアメリカ人には気に入らないようだ。



 

8.イギリス人でないのに、イギリス訛りで話す。

Madonna Nicki Minaj

SNAP via popcrush.com

これは、日本人でも「関西人でないのに、エセ関西弁で話す。」と非常によく似ている。

イギリス訛りと言えば、I Can’t を「アイ キャント」ではなくて「アイ カント」と発音するからチャーミングなんて言われていたりする。

そういう話し方があれば、関西弁があれば話したくなるのと同じで、英国訛りでわざと話してしまうセレブもいるみたい。

米ミシガン州出身のマドンナや、米ニューヨーク出身のニッキー・ミナージュなど英国訛りで話している。




 

7.イベントと関係ない変なコスチュームで登場する。

Lady Gaga Nicki Minaj
SNAP via popcrush.com

場違いすぎる意味不明なコスチュームは、人気が出ると同時に、非難もでるみたい。

これは日本でも同じみたい。

ただし、大抵は隠された”メッセージ”が秘められていることがほとんど、それは都市伝説のコーナーで。





 

6.自分達の子供を同じようにスターに育てようと特権を活かす。

SNAP via devids.net

セレブ2世というものは、日本にも沢山存在する。

ハリウッドにも数えきれないセレブ2世が続々とエンターテイメント業界にデビューし活躍している。

マドンナの娘のローデス・レオン、 アーノルド・シュワルツェネッガーの息子のパトリック

デミ・ムーアとブルース・ウィリスの娘達、 エミネムの娘、 ウィル・スミスの息子と娘

ベッカムの息子ブルース・ジェンナーの娘の超美人ジェンナー姉妹

マイリー・サイラスだって一応、実は2世、

日本でもアメリカでも数えだしたらキリがない、勿論実力も兼ね備えていないと生き残れない世界。

親からのスタートダッシュは、「ずるい~!」って非難されるのもしょうがない!?

SNAP via popsugar.com

関連:マドンナの娘ローデス・レオンが高校卒業!美人過ぎる!

関連:マイリー・サイラスがパトリック・シュワルツェネッガーと真剣交際か《シュワちゃんの息子》

関連:ブルース・ウィルスの娘、スカウト・ウィルスがトップレスでNYを闊歩して抗議!

関連:エミネムが41歳!娘は超美人に成長し高校卒業!

関連:ヴィクトリア・ベッカムとその子供たちが空港でパパラッチにうんざり!

関連:ウィル・スミス一家のイスラム建築20億円豪邸が壮大で美しい。

関連:カイリー・ジェンナーが17歳に!ジェンナー姉妹特集!

関連:マイリー・サイラスの生い立ちと変貌ぶりのまとめ



 

5.別れたり、復縁したり、浮気したり、繰り返す。

Justin Bieber Selena Gomez Rihanna Chris Brown

SNAP via Instagram

クリス・ブラウンとモデルのカルーシェ・トラン、ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメス、

くっついたり離れたり、付き合ったり、絶縁宣言したり、そして、浮気したり、

その度にゴシップサイトで報道されるものだから、

ゴシップ好きのアメリカ人はその度に一喜一憂してとうとうウンザリちゃった模様。




 

4.ヌード画像を発表して話題を集めようとする。

Via sheknows.com

SNAP via sheknows.com

セレブは何かとトップレスになったり、脱いでセクシーショットを公開して話題を集めようとする。

やはり一部の人にはセクシーに見えても、一部の人には不快と感じることがあるのが、

10人10色の世の中の反応みたい。

この人のは見たいけど、この人のは見たくない、

誰でもある反応だからこそ、脱がないのが一番無難、とはいえ、脱がずにはいられない~!?

Justin Bieber Rihanna
SNAP via Instagram



 

3.セレブ(有名人)になった瞬間に香水をリリースする。

SNAP via popsugar.com

セレブはセレブになったとたんにひたすら香水をリリースする。

それはもう、ひたすらリリースする。

一番売り上げているのは、ブリトニー・スピアーズだそう。

アメリカ人からしてみれば「また香水~!?また気取ったのセルフブランディングが始まったわね!」という感じかもね。


SNAP via bornrich.com




 

2.アヒル口ならぬ、「DUCK FACE(カモ口)」する。

HOLLYWOODSNAP

日本では”アヒル口”が流行っているが、アメリカでは、似ているようで非なるもの、「DUCK FACE(カモ口)」が流行っている。

「DUCK FACE(カモ口)」は、アヒル口よりも唇をチューの形に突き出すもので、

日本人の”おしとやか”、”チラリズム”または”中庸の精神”と関連する”アヒル口”のような控えめものではないのだ。

Jessie J Nicki Minaj Miley Cyrus

SNAP via POPCRUSH

とにかくアメリカ人は、唇が分厚いことが良しとされていて、唇を分厚くする整形手術が流行っている。

それと関係あるのかないのか、どういうわけか、チューするような「DUCK FACE(カモ口)」が流行っている。

snap via pinterest.com

アヒル口と言えば、お手本となるの元AKBの板野友美さん。これこそが日本人の”控えめ”な精神性。

このアヒル口こそが日本人の”ワビサビの精神”、極端すぎないおしとやかを良しとする絶妙な美しさ。

よく「DUCK FACE(カモ口)」をアヒル口と混合する人がいるが、根本的にその”強度”が違う。

スレンダーよりも絶対的なボンキュッポンが好まれるアメリカ人のマッチョなトコトンなメンタリティが生み出す

「DUCK FACE(カモ口)」のお手本となる例はコレ↓ 中途半端が嫌いなアメリカ人がやると、こうなる。

SNAP via complex.com

「DUCK FACE(カモ口)」において理想とされる”最終形態”、最も進化系とされ称賛される”カモ口”がコレ↓

時代は、カモ、です。



 

1.哀れな犯罪を犯す人がいる。

ハリウッドセレブは、スピード違反、酒気帯び運転などでよく捕まるニュースが報道される。

その他にも信じられない意外な罪や、シャレにならない重大犯罪を犯したり、過去に犯していたりする。

そういうのはやはりアメリカ人からしてみても嫌いみたい。

ハリウッドセレブだからといって人間だから、犯罪を犯す人は犯す、犯さない人は犯さない。

ワイルドなイメージのアメリカ人が犯罪を嫌っているは、素晴らしいことだと思うし安心するね。

ランキング参照元:POPCRUSH,他







LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!