ALL POST 海外セレブ ゴシップ ニュース

アンジェリーナ・ジョリーの激ヤセや卵巣除去に重病説が囁かれる

アンジェリーナ・ジョリー 激ヤセ 重病説

乳がん予防の為の乳腺除去、卵巣がん予防の為の卵巣除去など近年癌に対する予防的切除を行い世界的ニュースになっているハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーだが、ごく最近ではその激ヤセした姿が話題となっている。
体重は83ポンド(37.6kg)にまで落ちているアンジェリーナは既に癌などの重病であり”予防”ではなく”治療”として様々な手術を行ったのではないかという見方が憶測されている。ブラピとの間に3人の養子を含む6人の子供を育てる一家の母でもあるアンジーは大丈夫なのだろうか。

スポンサードリンク

■アンジェリーナ・ジョリー体重37kg、激ヤセは大丈夫なのか。

アンジェリーナ・ジョリー 激ヤセ
Snap Via:girlschannel.net

アンジェリーナ・ジョリー(40)の激ヤセが海外でも日本でも話題となっている。

ハリウッド映画40作以上に出演しそのほとんどが主演や重要な役を担い、ハリウッド有数のセクシー女優として名を馳せた”アンジー”だが、身長173cm、体重52kgの体系は83ポンド(37.6kg)にまで落ちていると、米タブロイド紙「ナショナル・エンクワイラー」は伝えている。

さて、2013年には、アンジェリーナ・ジョリーはニューヨーク・タイムズ紙に寄稿文を送り、乳癌と卵巣癌の発生が高くなるとされる遺伝子「BRCA1」に変異があるとして乳腺切除を告白し、一時はアンジーが「乳首を除去した。」という間違った情報が流れたものの、乳腺は乳汁を分泌する腺であり、乳首ではないのだが、当時日本でもやたらと話題になりワイドショーも取り上げた、その社会的な影響力は凄まじいものがあったと言える。

アンジェリーナ・ジョリー 激ヤセ
Snap Via:harpersbazaar.co.uk

さらに2015年3月には、再びニューヨーク・タイムズ紙に寄稿文で検査の結果から初期の卵巣癌の可能性が発覚し、卵巣・卵管切除を行ったことを発表した。BRCA1遺伝子変異に加え、近親者が遺伝性の乳癌・卵巣癌で若くして亡くなっているアンジーの家系を考慮したものだという、摘出した腫瘍から癌は陰性であると分かったという。

なお何らかの癌のリスクや兆候が発見された際に、予防的切除するのが正しいのか、治療するのが正しいのかは専門家の間で意見が別れるようで、

“ヨーロッパ腫瘍学研究所の科学ディレクター、ウンベルト・ヴェロネージは、『Repubblica』紙に、「リスクは女性ごとに異なります」とはっきり述べた。”

引用元:Wired

しかし、大半の有名人は様々な憶測を呼ぶ手術は秘密裏に行うものであるが、アンジーのようにわざわざニューヨーク・タイムズ紙に寄稿文を寄せて新聞で女性として重要な部分の機能を除去する手術したと説明することは、人気商売である女優のマイナスイメージとなるケースもある為に様々な憶測がされた。

1つ目は、既に癌などの重病説。

2つ目は利権絡みの政治的な思惑などを誰もが知る世界的影響力を誇るアンジーを通してプロパガンダされたという憶測などが言いたいようにネット上で飛び交った。

今回の激ヤセぶりをみたネット上の反応、「ガールズちゃんねる」や「Yahoo!ニュース」でのコメント機能では、重病説が多くのユーザーからの得票を得ていた。また「骨と皮だけ」という率直な意見も散見された。

アンジェリーナ・ジョリーの動向を世界中が注目し、激ヤセぶりには多くの人が憂いを隠せないでいるようだ。



 

■アンジェリーナ・ジョリーの近況

ブラピ&アンジーの養子を含む6人の子供達
Snap Via:grabpage.info

近年のアンジェリーナ・ジョリーといえば、女優としての映画出演よりも、注目されるのはその他の活動である。

2001年から務めるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使としての40カ国以上の難民キャンプや戦地での人道支援に出向き、その働きは社会的に評価されているようである。

またその過程で、2002年には、訪れたカンボジアの孤児院からはマドックス・チヴァン・ジョリー・ピット君、2003年にはベトナムの孤児院からパックス・ティエン・ジョリー・ピット君、2005年にはエチオピアから生後半年のザハラ・マーレー・ジョリー・ピットちゃんを養子として迎え入れ、実子3人を含む6人を育てている、今年4月にはシリアから養子を迎え入れるとの情報もあったが、その後はまだハッキリしていない。

2005年公開のハリウッド映画『Mr.&Mrs. スミス』での共演から交際を始めたブラピ&アンジーは、2015年9月に9年の交際期間を経て結婚した。6人を共に育てながらも結婚まで至らなかった理由は財産分与の問題であると報じる海外メディアがあり、お互いが資産家であり、言わばやり手ビジネスマンでもある2人は、弁護士を介した「プレナップ(prenuptial agreement)」と呼ばれる結婚前の分厚い誓約書の合意に時間を要したようだ。




 

■アンジェリーナ・ジョリーの壮絶過去と意外なエピソード

アンジェリーナ・ジョリー
Snap Via:metoro.co.uk

意外にもアンジーのキャリアの始まりは14歳で、ファッションモデルとして欧州を拠点に活動していたという。しかし、順風満帆なだけでなく、父親は度重なる浮気で母親を苦しめ、10代から20代最初は収入も不安定でナイフなどで自傷行為を繰り返し(時に彼氏と共に)、薬物にも手を出し、自●願望のある鬱状態に悩まされたという。

またWikipediaによれば、2007年には日系人モデルで女優のジェニー・シミズが90年代初頭にアンジーと性的な関係にあったと告白、レズビアン・バイセクシャル疑惑が沸いたが、2005年にブラッド・ピッドと交際以降はそのような噂はないという。

多くのファンを魅了するハリウッド女優、労を臆せず自らが難民の養子を迎え入れ育てるという素晴らしい女性、6人の母であるアンジェリーナ・ジョリーの一刻も早い回復が望まれる。




HOLLYWOODSNAPを応援して下さい。

LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!