ALL POST 海外アスリート

[NFL]49ersコリン・キャパニックの生い立ちに迫る。

colin kaepernick shirtless v man magazine 01

NFLサンフランシスコ・フォーティナイナーズのクォーターバック、

コリン・キャパニック(26)がファッション誌『VMAN』で腹筋などセクシースタイルを発表。

高校時代3シーズンアスリートとして、アメフト、バスケット、野球の3種目で

全米激戦区カルフォニア州代表に選抜されていた超規格外の新人類アスリートの先進的なスタイルを紹介。

特に高校時代は野球でMLBのドラフト名簿に上がるほどの選手で、時速150キロ以上の速球を投げ2度のノーヒットノーランを達成、

大学進学後、高校以来野球を辞めていたが大学3年生時の2009年にはMLBシカゴ・カブスからドラフト指名されるなど規格外の人物。

NFLで最も人気のあるQBの一人であり、紙面に映るだけで新聞がバカ売れするというこのアスリートの魅力に迫る。

スポンサードリンク

今回ファッション誌『VMan』秋冬32号で公開された写真が以下のものだ。

VMan

 

 

colin kaepernick shirtless v man magazine 01

colin kaepernick shirtless v man magazine 01

colin kaepernick shirtless v man magazine 01




colin kaepernick shirtless v man magazine 01

 

colin kaepernick shirtless v man magazine 01

colin kaepernick shirtless v man magazine 01

colin kaepernick shirtless v man magazine 01

colin kaepernick shirtless v man magazine 01

画像引用:colin-kaepernick-shirtless-v-man-magazine-13




 

コリン・キャパニック/Colin Kaepernick(26)は、

1987年11月3日生まれ

ウィスコンシン州ミルウォーキー出生、カルフォニア州育ち

ネバダ大学リノ校出身

身長193cm、体重104kg

2012年スーパーボウル出場

コリン・キャパニックのライフストーリー

コリン・キャパニックは、ウィスコンシン州ミルウォーキーで19歳の母から生まれた。

子供の裕福な暮らしを望んだ母は白人のキャパニック夫妻に養子として預け、しばらくした後4歳からはカルフォニア州へ移り住んだ。

今にして思えば、これはコリンの才能を開花させる手助けになっただろうし、キャパニック夫妻からしてみれば天からの授かりものだっただろう。

そして、産みの母はESPNのTV取材などでこのことを凄く後悔していると語っている。

どうやらコリンの心の中には産みの母親の存在はもうすでにないようだ。

8歳でフットボールを始め、9歳でクォーターバックとなった。

むしろ野球の方で高い評価を受けていたコリン・キャパニックは、ドラフト2巡目でNFLサンフランシスコ・フォーティーナイナーズへ入団、

2012年チームのQBアレックス・スミスの怪我の欠場からチャンスを得て先発入り、その後スタメンで定着しているが、それ以前は控えQBだった。

高校時代は秋にフットボール、冬にバスケ、春に野球の3シーズンアスリートとして高校最終学年では3競技全てでカルフォニア州代表に選ばれる。

写真:高校時代のコリン・キャパニック 身長193cmと長身も当時体重73キロと超細見、脚がとにかく速かった。

野球でノーヒットノーランを2度達成した速球投手のコリンは、MLB公式サイトに名前がすでにあり、スカウトから注目されNCAA大学チームから多くのオファーを受けてていたが、

アメフトでの将来を希望して、唯一アメフトで奨学金付オファーをくれたお隣ネバタ州のネバタ大学ノリ校への進学することに。

大学3年の2009年のMLBドラフト43巡目で高校以来辞めた野球でMLBシカゴ・カブスから指名を受ける。

2013年6月のMLBサンフランシスコ・ジャイアンツでの始球式






大学時代アメフトでは、順当に結果を残し、マニング賞、オブライエン賞、ポール・ホーナング賞、マックスウェル賞、ユナイタス賞、ウォルター・キャンプ賞の候補に選ばれた。

コリン・キャパニックのパス成功率は高く非常に正確

2011年サンフランシスコ・フォーティーナイナーズからドラフト2巡目、全体36番目の指名を受け入団。

2012年シーズン途中までは控えQB だったが、チームのエースQBのアレックス・スミスが怪我の為に欠場したさいに、先発で抜擢、その後先発QBとして結果を残し現在はエースQBとして活躍している。

2013年はスーパーボウルにチームを牽引し34-31で惜しくもボルチモア・レイブンズに敗れている。

メンズファッション誌『GQ』やスポーツ誌『ESPN』では健康的なヌードを披露したことがあり、そのスタイルやルックスにも高い注目を集めている。

関連:海外アスリート 美しき肢体ヌード集 Part1

コリン・キャパニックの両腕のタトゥーは聖書の言葉を引用している宗教的なものだ。

 

コリン・キャパニックは人柄に関してもタトゥーのガッチリ体系の外見とは裏腹にとてもジェントルマンで笑顔を絶やすことがない人物で好感を持たれている。

今後もHOLLYWOODSNAPでは、コリン・キャパニックは勿論、日本であまり注目されていない光る海外アスリートに焦点を当てていきたい。

コリン・キャパニック、ライフストーリー、養父母と振り返る





LINEで送る
Pocket

HOLLYWOODSNAPコメント欄

error: Content is protected !!