2Pacはキューバで生きている!?生存説が超過熱中、証拠を徹底検証 – hollywoodsnap
2pac生存説
10月. 06.

2Pacはキューバで生きている!?生存説が超過熱中、証拠を徹底検証

世界有数のレコード売上記録誇る伝説のヒップホップMC、1996年に25歳にして銃撃により死亡した伝説のラッパー”2Pac”こと トゥパック・アマル・シャクール(Tupac Amaru Shakur)がブラックパンサー党がらみの事件で有罪判決を受けた重役である妹などに匿われてカリブ海に浮かぶ社会主義の国キューバの政府特別区で生存しているという情報が欧米圏のインターネットで加熱中だ。

2Pac生存の証拠とされる40代の2Pacの隠し撮り動画、2Pacと疑惑されるラッパーの音源、銃撃後に「2Pacが回復した。」と伝えていた病院前からのテレビ中継、現在病院で死を迎えつつある当時の現場警察官の証言などなど数えきれない証拠が提示されてきている。

未だアメリカのラッパ―達の多くは2Pacを敬愛し、原点とし、日本人にも大きな影響を与えた伝説のラッパー”2Pac”の生存説を徹底検証。

スポンサードリンク

♰ 「2Pacは生きている。」証拠として話題の映像

2パック 生存説 証拠映像
Snap Via:YouTube

まず真っ先に見て頂きたいのがコチラの動画。生きているならば今年44歳である2Pac(酷似している人)の映像がキューバからリーク。今最も話題となっている動画だ。

確かに胡散臭い点(仲間がテレビクルーを追い払うなどわざとらしい点)もあるが、確かに2Pacに酷似しているというか、まさに本人そのものに見える。

📹キューバで2Pac本人?と噂となり隠し撮りされた超話題動画






これ以外にもニュージーランドやドミニカ共和国で生きている説が死亡直後から流行している。

 

♰ 2Pac本人と話題のラッパー”Black Haze”が降臨






さて次にコチラの音源。

“Black Haze”という話題のラッパーがリリースした “Ride’in Out “、聞いてすぐにあまりにも2Pac過ぎており、2Pacが得意としたサンプリング、それに乗せた軽快なフロウが小気味よいライムとなってビートが加速する。1990年代の陽気なギャングスタラップを連想させるご機嫌で超キャッチーなトラックだが、2007年にネット上でリリースされて以降、「2Pacではないか?」と話題となっている。

2Pacの未発表曲は死後に母アフェニ・シャクールさんが全ての権利を持ち、楽曲をリリースした。2Pacのラップで最も有名で2Pacが銃撃で死ぬことを自身の口で予言した「Changes」も2Pacの死後に発表されたものである。

現在は2Pacのレコードなどの版権は全て2Pacを敬愛する白人ラッパーでヒップホップ界の大御所となっているエミネムが母アフェニさんから買収して管理しているという。

死後にアルバムや未発表曲が続々とリリースされた経緯から、”Black Haze”も実は未発表曲が何らかの話題作りの為にネット上にリリースされた説も考えられるものの、2Pacが生きていればラップをやらずにはいられないのがラッパーとしての本望だろう、そして、この”Black Haze”はライブなどを行っておらず、公の場に出てきていないところが疑惑を深めている。

“Black Haze”は他にも幾つかのトラックをYouTube上にリリースしている。





 

♰ 2Pac殺害事件の背景(ヒップホップ東西抗争とラップの台頭)

2Pac殺害事件の背景は、伝えられている情報をまとめると以下のようになる、詳しくは↑の記事を読んで欲しい。

1991年から1997年に起こった「米ヒップホップ東西抗争(East Coast–West Coast hip hop rivalry-wikipedia」として語り継がれるシュグ・ナイト率いる西海岸のデス・ロウ・レコードと東海岸のディディ率いるバッド・ボーイ・エンターテイメントと所属するラッパー間で対立が生じていた。

ギャングメンバー出身が多いヒップホップ界でギャング間の抗争、また黒人の貧困地区のゲットーの荒廃したサバイバルのイメージがヒップホップが商業化されることに必須であると考えた企業(業界)の意向として、レーベルの覇権争いの手段として、西海岸L.Aから始まったギャングスタラップが煽りと挑発として使われるようになっていき実際の抗争と折り重なっていきメディアもこれをはやしたてたという。

2Pacは高校を中退後、ドラッグの売人として生活、MCニューヨークの名前でラップを始め、ラップグループ「DU(デジタル・アンダーグラウンド)」に91年に加入し、来日も実現、その後「ジュース(JUICE)」で映画デビューし出演を重ねる、Gファンクのゆったりグルーヴに時に軽快なビートに歯切れよいライムを伴い、警官とのビーフ(抗争)をリリックに乗せたギャングスタラップが一大旋風を巻き起こす。自身のスタイルを真似たラッパーをリアルで襲撃し暴行、1993年のアトランタでの警官との銃撃戦などギャングそのものの私生活で注目を集めていった。

2Pacが殺害される2年前の1994年11月30日、ニューヨーク・タイムズ・スクエアのレコーディング・スタジオにリトル・ショーンのレコーディングに参加した2Pac、当時クラブで知り合った女性をホテルに連れ込んで肛門性交を強要した婦女暴行の罪で刑事事件として立件されていた2Pacは、2人組の男から5発の銃撃(股間に2発、頭部にかすめた2発、手に1発)を受けてしまう。2Pacは、この銃撃事件を同じビルでレコーディングを行っていたバッド・ボーイ・エンターテイメント(現バッド・ボーイ・レコード)のディディとノトーリアス・BIGのせいと決めつけ、インタビューで語っていたという。

瀕死の状態で病院に搬送された2Pacは、翌日病院を強引に抜け出して車椅子で法廷に出廷するが、4年6ヶ月の懲役刑が宣告され、ニューヨークの刑務所へ。刑務所に頻繁に面会に訪れていた西海岸のデス・ロウ・レコード代表のマリオン・シュグ・ナイトから140万㌦の保釈金と引き換えに移籍契約することに合意、これにより、動機を持つ2Pacは、「インター・スコープ・レコード」からデス・ロウへ移籍、ニューヨーク出身であるものの西海岸を代表する顔となり、東海岸との対立の象徴的な存在となっていく。

一方で2Pacを手に入れた有名ギャング出身で悪名高きマリオン・シュグ・ナイトは保釈金を移籍契約料としてではなく、返済を2Pacに迫った為に、2Pacとシュグ・ナイトの間にも問題が生じていたために、後にシュグ・ナイトが2Pacの死に関連していると噂された。

ヒップホップ東西抗争は、ギャングメンバーの抗争を絡めて挑発を繰り返えして大きく注目を集めていく。

そんな矢先に起きたのが西海岸の象徴である2Pac殺害事件であり、その半年後に起きた報復の見方が強い東海岸の象徴で2Pacと対立していたノトーリアス・BIG(ビギー・スモールズ)殺害事件だった。

東西抗争は、対立の象徴的な2人の死とシュグ・ナイトのギャングそのものの手法に嫌気がさしてレーベル離脱したドクター・ドレーなどの尽力により終結したとされている。今では東西抗争と共にギャングスタラップは廃れて、東のディディと西のシュグ・ナイトは共にプリンスのライブを楽しみ、西海岸を代表して暴れ回ったスヌープ・ドッグの息子と東海岸のディディの息子は同じ名門カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のアメフト部に所属し共に将来有望視されてチーム内で凌ぎを削っている。(スヌープ・ドッグの息子はNFL注目選手だがアメフトを辞めたという報道も。)

現代の米ヒップホップ界では、東西抗争の名残は、ラッパー同士で頻発する個人的なビーフ(抗争)として形を変えているように思われる。勿論、東西抗争以前にもビーフはあったが、現代ヒップホップは個人のビーフとディスが目立ち過ぎているのは否めない。しかし1970年代初頭のブロンクスのストリート発祥のマイナー音楽、一時の流行と思われていたラップがヒットチャート上位に来るポップミュージックへと進化し商業的な成功を収めるには、暗いゲットー、裏路地を生き抜くタフで不良なイメージのビーフが必要であると考えたのは業界(企業)の戦略だったとアメリカ人は説明する。勿論サンプリングによりポップミュージックと融合しより一般的な人々へ聴いてもらえるように自ら歩み寄っていったことも1980年以降のヒップホップ・ミュージックの台頭の大きな要因だったと思われる。2Pacの時代はヒップホップが初めて全米ポップシーンから羨望の眼差しを受けるようになった最初の時代と言えるかもしれない。

ドレイクとタイガに抗争勃発:カイリー・ジェンナーが巻き添えに HIPHOP抗争が激ヤバすぎる…
ディディ(パフ・ダディ)がラッパーのドレイクを殴打しER送りに、楽曲を巡る確執
リルウェインがドレイク、ニッキーらを連れてレーベル離脱を宣言





 

♰ 2Pac殺害事件の再現CG

2Pac殺害事件 直前
Snap Via:nydailynews.com</span>
↑クリックで拡大(キーシリンダーにキーが刺さっていない、日付が事件翌日の9月8日など幾つもの合成疑惑)

まずは、2Pac殺害事件の様子を、これまで伝えられている情報を基にして、下の話題になっている完全再現したCG動画と英デイリー・ミラー紙電子版の2014年記事などを参考にしながら振り返りたい。

2Pacは、1996年9月7日に、米ネバダ州ラスベガスで行われた友人のマイク・タイソンVS ブルース・セルドンのボクシングヘビー級マッチを観戦した後に、所属するレーベル「デス・ロウ・レコード(Death Row Records」代表の(現在、当時のN.W.Aを描いた話題映画「Straight Outta Compton」のセット中に俳優を轢き逃げし殺人した容疑で逮捕され裁判中)シュグ・ナイト(50)の運転するBMWの7シリーズの助手席に乗り込んでPM10:56頃に出発した。

2Pac殺害事件 現場CG
Snap Via:YouTube
PM11:15 に、同市内のナイトクラブへ向かう道中の交差点で信号待ちで停車した際に、後ろからやってきて横付けしてきたキャデラックに乗る複数のメンバーの内の1人から4発の銃撃を胸と骨盤、太腿、手を撃たれた。BMWを運転するシュグ・ナイトは銃弾の破片が頭蓋骨に突き刺さり、同じく負傷したために更なる襲撃から逃れるために、周囲の信号待ちで停車中の車を避けながら歩道に乗り上げたりしてラスベガスの街を蛇行運転し最終的に標識に衝突して車は停車した。

その時すぐにパトカーが現場に到着、警察官のクリス・キャロル(Chris Carroll)氏は撃たれた2Pacが救急車が到着して病院に搬送されるまでの間に繰り返し「誰が君を撃ったんだ?誰が犯人だ?」と聞いたが2Pacは何も答えずに、最期に警察官に向けて放った言葉は「ファック・ユー」であったとクリス・キャロル氏本人が答えていることを英デイリー・ミラー紙は伝えている。2Pacは意識不明となり病院に搬送され、その後、すぐに現場検証が行われた。2Pacは、銃撃から6日後の9月13日(金)に病院で亡くなった。享年25歳だった。

📹2Pac殺害事件の再現CG





 

 

♰ 2Pacの死に生じている矛盾点、数々の捏造疑惑


この章ではこのYouTube動画で指摘されている2Pacの死亡が捏造であるという説を紹介していきたい。




 

■最期の写真の合成疑惑と後から作成疑惑

2パック 生きている
Snap Via:YouTube

・↑の写真は、2Pacが死の直前に、マイク・タイソンの試合後に車でシュグ・ナイトと”死のドライブ”へ出かける最後の写真とされている。しかし、その写真の日付は、1996年9月8日となっており、銃撃のあった9月7日の翌日の日付となっており、キーシリンダーには鍵が刺さっていない為に徐行運転しているかのシュグ・ナイトの様子と違い走れていないはずだ、また2Pacの顔写真もアルバムのパケ写からの合成だと指摘されている。




 

■現場検証では違うBMWが登場!?

2Pac 死亡時の現場検証
Snap Via:YouTube
・↑の画像は、2Pacの銃撃された車両の警察による現場検証とされている映像からの静止画だが、よく確認するとホイールのスポーク、リアの形状が違い、BMWはBMWでも2Pacとシュグ・ナイトが乗っていた7シリーズの車両ではなく、BMWのワゴンであると写真付きで説明されている。つまり、このことから推測されるのは銃撃自体が捏造であり、シュグ・ナイトがよく使ったとされる汚職警官を買収した模擬工作だったのではないかという説が浮上する。
↓の写真が銃撃の際に乗っていたとされるBMW7シリーズでスポークはカスタムされた特徴的なものとなっている。

2Pacは生きている?
Snap Via:nydailynews.com




 

■「2Pacは回復した。」と病院前から伝えるTVリポーター

2Pac生存説 裏付け証拠
Snap Via:YouTube 字幕:HOLLYWOODSNAP

・2Pacは9月7日に銃撃を受けて、6日後の9月13日(金)に亡くなったことが発表されたが、病院の中は家族以外立ち入り禁止で報道者を一切シャットダウンしていたと発表されているが、実は医師が「2Pacは大変な怪我を負っています。」というTVインタビューを受けていたことが発覚。

さらに、病院前からのニュースのTV中継では、「私たちは医師や家族から、ラップスター2Pacの怪我は”再び”回復に向かっていると報告を受けています。」とテレビアナウンサーが発言している映像が残されている。”再び”回復に向かっているという表現はニューヨークのレコードスタジオでの銃撃からの回復とラスベガスの今回という区別がなされているのが指摘されている。このことから、一度2Pacは回復したものの、何らかの理由により死亡したことにするというシナリオが急遽作成され、この報道は”何らかの理由”でお蔵入りにされた可能性が推測される。



 

■2Pac有名な検死写真の合成疑惑と特殊メイク疑惑

2Pac 検死画像 写真
Snap Via:YouTube

・こちらは、2Pacの検死の写真として発表された有名な写真(過激な為にHOLLYWOODSNAPではぼかし処理を施した。)だが、この上半身だけの写真、実は2Pacのヒットソング「カリフォルニア・ラブ」のPVからハリウッド最先端の技術を駆使して合成されているというのだ。

カリフォルニア・ラブのPVの静止画がこちら。

2Pac 検死 捏造

・検死の写真には2Pacの首元にある一番新しいタトゥーの「Makaveli(マキャベリ)」を合成し忘れていることが動画では指摘されている。

 

2パック 検死画像の合成 特殊メイク
Snap Via:YouTube

また下の動画では、2Pacが映画の為に切られた体を特殊メイクするシーンが映像として収められているが、これこそが今回の検死写真の元ではないかというほどに、酷似した切り口のラインを作成する様子が証拠として残っている。

📹検死写真の特殊メイクか!?出演映画で酷似のメイクを経験

 




 

♰ 2Pac→「Makaveli(マキャベリ)」へ改名、秘められた暗号

か

・実は、2Pacは死亡直前に刑務所服役中に読んで強く影響を受けたイタリアの政治思想家「Makaveli(マキャベリ)」に名前を改名している、2Pac生前に発売予定が、死亡後に発売が延期されて11月に発表された死の象徴的な2Pacのアルバム「The Don Killuminati: The 7 Day Theory 」では、「Killuminati(キルミナティ)」という文字が確認される。「illuminati(イルミナティ≒フリー・メイソン)」は世界的秘密結社として有名で都市伝説では古くから世界を裏で支配していると囁かれており、2Pacもそのメンバーとして実は知られているが、「Killuminati(キルミナティ)」という文字からは、それを自認している、若しくは、「illuminati(イルミナティ)」の頭文字に「kill(殺)」を付けることにより「illuminati(イルミナティ)」への挑戦状のようにも受け取れる一方で「illuminati(イルミナティ)」のメンバーの”ドン(THE DON)”であると大きく主張しているようにも両方に受け取れる。このアルバムが生前に何らかのメディアに発表されていたならば、「2Pacは黒人に影響力を持ち過ぎていた為に、体制側に消された。」、エイミー・ワインハウスやイージー・Eに囁かれるイルミナティの”血の生贄”説などの陰謀説としてはここで点と点が繋がり辻褄が合う形となった印象だ。

未発表14曲が流出したマドンナ、”イルミナティ”を自認か
世界で最も語られている陰謀論、都市伝説 最新版”7″リスト

・「Makaveli(マキャベリ)」は、「am alive(私は生きている。)」のスペルをチェンジしたものである点が2Pacの内に秘めたメッセージではないかと指摘されている。

また「Makaveli(マキャベリ)」の有名な言葉「To fool One’s enemy,Make One’s Death(その者の死を偽装することにより、その者の敵を欺け(馬鹿にしろ)。)」という言葉を残しており、「Makaveli(マキャベリ)」という名前は「敵を欺く、狡猾さを持った権力者」といったキャラクターが色濃く残っているのだという。

また2Pacの本名は、トゥパック・アマル・シャクール(Tupac Amaru Shakur)。

「トゥパック・アマル」は、古代インカ語で「輝ける龍」の意味(インカ帝国最後の皇帝トゥパク・アマルと、彼の2代目を自称し反乱を起こしたホセ・ガブリエル・コンドルカンキ(トゥパク・アマル2世)の名前から)

引用元:2パック-Wikipedia

奇遇にも未来を予言し的中させたハリウッド映画7選

2パックは、ギャングスタラップだけの狂暴な人でなく、両親と妹が1960年代後半から1970年代にかけて黒人民族主義運動・黒人解放闘争を行った政治組織「ブラックパンサー党(黒豹党)」の一員であり、2Pacのラップのリリックには、「黒人が殺し合っている場合じゃない、立ち上がろう。」という政治思想的なメッセージが発されているが、上記のように歴史に学ぶ文学的な面の見られる2Pacならば、何らかのメッセージを残していても不思議ではない、またハリウッドの映画業界、音楽業界では、昔から映画や音楽に隠されたメッセージを残すことが伝統的に用いられている。

またinverse.comでは、2Pacの死にFBIが関わっている説、”イルミナティ”やそれにまつわる「27クラブ」と呼ばれる若死と引き換えにロックスターとなり、またはレコードセールスを上げるという様々な諸説との関わりを検証して紹介している。

📹 27クラブ都市伝説:27歳で早死にした超有名ミュージシャン達:HOLLYWOODSNAP





 

♰ 「2Pacは生きている。」瀕死の警官の証言が話題に

英デイリー・ミラー紙bet.com、「INTERNATIONAL BUSINESS TIMES」など複数メディアは元警官デビッド・マイヤーズ(David Myers)氏が死期が迫る病院のベッドで語っている証言を発表した。

その中でマイヤーズ氏は、自分の死期が迫っているので告白したいこと、2Pacの死の偽装には医師や警官、その他関係者の30人以上がお金を掴んで口封じを依頼されたこと、2Pac自身が身元不明の死体公示所から自身に似た黒人男性の死体を5万㌦(約500万円)支払って入手して自身の死体としたこと、マイヤーズ氏は150万㌦(約1.5億円)を掴まされて2Pacが死んだことにすることに了解したことを語っている。



 

♰ ヒップホップ東西抗争の暗躍者シュグ・ナイトの近況と話題映画「Straight Outta Compton」の奇妙な因縁

“ギャングスタラップ”を一番最初に始めたとされる伝説的ヒップホップグループ「N.W.A」の1988年発表の1stアルバム「Straight Outta Compton」は、2015年発表の話題映画「Straight Outta Compton」として「N.W.A」の興盛を描き、現在アメリカの週間映画ランキングを賑わしているが、この大ヒットの要因には、「N.W.A」からG-Funkの産みの親でサウンド・プロデューサーのドクター・ドレーを引き抜いて「デス・ロウ・レコード」の共同設立者として就任させ、その後”ギャングスタラップ”を執拗に展開していく悪名高きシュグ・ナイトが今年1月にこの映画の撮影現場で引き起こした俳優のテリー・カーター(Terry Carter,86)の轢き逃げ殺人事件が否めない、この事件は全米でトップニュースとして扱われシュグ・ナイトは同日中に指名手配、翌日弁護士とともに出頭するという騒動となった、シュグ・ナイトは現在、拘束中の身で裁判中あるが、去年2014年のクリス・ブラウンが主催したMTV-VMAsプレパーティーで狙撃されて5発の銃弾を被弾した影響、さらに2005年のカニエ・ウエストが主催したMTV-VMAsプレパーティーでも狙撃されて脚に被弾した影響があり、現在断続的な発作による意識不明や失明の危機に陥っている。

シュグ・ナイトはTMZのインタビューやラジオ番組で「2Pacはキューバか南の楽園で生きているさ。」と冗談めかして語っている。

ヴァニラ・アイスが逮捕、シュグ・ナイトに吊るされた過去
シュグ・ナイト、クラブで銃撃され重体、クリス・ブラウン主催パーティー【動画有り】
HIPHOP界の帝王シュグ・ナイトが轢き逃げ後に殺人容疑で逮捕




 

♰ 2Pacは表舞台から消えたがっていた!?

2パック

確かに2Pacは1996年に亡くならなければ今頃ヒップホップ界を代表する大御所となっていたに違いないだろうが、世界には衝撃的な「死」を遂げたスターが神格化され伝説の人物として語り継がれるという傾向があるようだ。

死後に有名となったアーティストは古くは絵描きの世界で顕著であり、フィンセント・ファン・ゴッホ、今年(2015年)3億ドル(約356億円)美術史上最高額で落札の世界最高額を記録したポール・ゴーギャン、日本では生前の原稿料がわずか5円だったという作家・宮沢賢治もその一人であるようだ。

音楽業界では27歳で亡くなったアーティストにカート・コバーンやジミ・ヘンドリクス、ジャニス・ジョプリンにジム・モリソンなどどれも偉大なアーティストとして語り継がれている。

2Pacは25歳で亡くなったが、衝撃的な死により話題となり、それをキッカケに2Pacのポスターを購入してわりと目立つ場所に貼ったり、レコードを買いに走ったりといった現象が日本でもよく見られた現象だ。またジャパニーズ・ヒップホップが音楽ジャンルの一つとして大きく発展していった時代はちょうど2pacの死の1996年とほぼ同時代だった記憶がある。

とはいえ、2Pacは当時からヒップホップMCを代表する人物であり、いかにその輝きが鋭かったかは、2Pac全盛期の1995年頃に、欧米社会で圧倒的なセックスシンボルであった時代のポップスの女王”マドンナ”と交際していたことからも裏付けることが出来る。マドンナもイルミナティを自認するアーティストであり、2Pacと交際中にギャングスタイルに影響を受けたと語っており、2Pacは死亡直前に”マキャベリ”へ改名をしてイルミナティを暗に認めている。

マドンナ、2pacと交際していたことなど衝撃告白をラジオで連発
”イルミナティ”であると囁かれる海外アーティスト一覧

2Pacは生前、スターでいることに疲れていると語っていたことや、ラッパーとして有名になり実際にニューヨークのレコードスタジオで狙撃され5発被弾など命の危険が常に付きまとっていた為に、死んだことにして、隠居したかったという関係者の証言を紹介するメディアもある。

または音楽業界のロックスターの早死に、そして噂される”悪魔の契約”や”陰謀論”など諸説が好きなように語られているが、実際のところは謎のままとなっている。

2Pacが生きているのか亡くなっているのかはミステリアスな謎に包まれているのだが、いずれにしても2Pacは今も多くのラッパー達や私達ファンの胸の中で生き続けているのは事実であり、それこそが最も重要な事実なんだと思いたい。

2Pacは、”Chenges”の中で黒人は殺し合っている場合でなく手を取り合って変わらなければならないとラップに乗せたが、今では黒人初のオバマ大統領が”Change”を叫び、黒人の音楽であるヒップホップ・ミュージックは米音楽界を牽引する存在にまで登りつめた世の中となっている。しかしその一方で、まさに2Pacがラップで糾弾していた昨今でも繰り返される白人警官による黒人への差別的暴行やそれによる致死事件と「I’Cant Breathe」のデモ抗議などがニュースで放送されるたびに、「Some Things’ll Never Change」と嘆いたあの締めのリリックが思い出される。

♯2Pac-“Changes ft Talent”




■ HOLLYWOODSNAP : 注目の関連記事

クリス・ブラウン 暴行 銃撃事件

クリス・ブラウン まとめ

ストリートアート、グラフィティ 世界的有名な10人

海外セレブ ラッパー 入れ歯アクセサリー

シュグ・ナイト、クラブで銃撃され重体、クリス・ブラウン主催パーティー【動画有り】

クリス・ブラウン、パフォーマンス中5発の銃撃、再び【緊迫動画】

ディディ(パフ・ダディ)がラッパーのドレイクを殴打しER送りに、楽曲を巡る確執

リルウェインがドレイク、ニッキーらを連れてレーベル離脱を宣言

HIPHOP界の帝王シュグ・ナイトが轢き逃げ後に殺人容疑で逮捕

 ★ディディ(パフダディ)が息子のアメフトコーチに暴行で逮捕

ヴァニラ・アイスが逮捕、シュグ・ナイトに吊るされた過去

ディディ(パフ・ダディ)が、NFLのスピードスター選手に走り勝つ!

ギャング囚人がセクシーだと全米で話題に、モデル事務所殺到








HOLLYWOODSNAPを応援して下さい。

LINEで送る
Pocket

By ハリウッドスナップ---"ハリスナ" | Posted in ALL POST, HIPHOP/R&B, 洋楽アーティスト | Trackbacks are closed, but you can post a comment.

Tagged: , , , ,



HOLLYWOODSNAPコメント欄

I Like It !!

Facebook
Facebook
Google+
Google+
http://hollywoodsnap.com/2pac-is-alive/">
YOUTUBE
YOUTUBE
error: Content is protected !!