海外セレブ ゴシップ ニュース 都市伝説・超常現象・面白

緊急速報:ジャスティン・ビーバーが半端じゃなくマッチョな件!!

Best Celebrity Selfies of 2013

いや~、これは衝撃写真、、、、えー!嘘でしょ・・・・・。ビーバー凄!!!

1分30秒くらいからビーバー登場です。セレブの自画撮りランキングみたいな動画です。

ちなみに真ん中の美人はKim Kardashian/キム・カーダシアン

スポンサードリンク

ジャスティン・ビーバーの筋肉が凄すぎ!

え~、パないですね。
え~、本当にパないですね。

前回の記事、

ジャスティン・ビーバーがビルボード・ミュージックアワードで大ブーイングを浴びる! 

の時に妙に腕がパンパンやなぁ、気のせいだろうなぁ、ビーバー君細いしなぁ、思ってたんです、ワタシ。。。

そしたらね、

なんでこんなマッチョだったんでしょうか、細マッチョの領域を超え、ゴリマッチョへ進化を遂げている最中ですね。

彼は天才アーティストですからね、拳で拳を洗うそんなアメリカ社会の中にいるとはいえ、仕事が忙しくてWORKOUTする時間なんてないはずなんですけどね。。。。短時間で効率的に凄腕トレーナー付けて頑張ってるんでしょうね。

JustinBieber/ジャスティン・ビーバーが色んなところで問題行動起こすっていうのは、こういうことだったんですね~~。

勢いが余っちゃうんでしょうね~

アメリカ人の中じゃ全然大したことも珍しくもないとはいえ、普通の細いジャニーズ系体系だと思っていた、超多忙のジャスティン・ビーバーがこの体ってのは反則でしょう。



最初は典型的な細見少年だったジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、年を増すごとにマッチョ化!










さて、この背景にはアメリカのどういったカルチャーが関係しているのでしょうか?

完全にジャスティン・ビーバー兄貴は、マッチョ化しています、アメリカに限らず、男社会はなんだかんだ言って喧嘩の強さがヒエラルキーをある程度作ります。

アメリカではMBA(経済学修士)を取得するために大学院に進学した途端に痩せてる学生がみんなしてウエイトトレーニングを始めます。

企業で上に上り詰めるために、ガタイがいい必要があるという、暗黙の了解が成立しており、

日本では信じられないマッチョ思想の国だからです。やはり対面の交渉力がモノをいう国だからです。

例えば、極端な例ですが、アーミテージ元国務長官など、組織の中での真の叩き上げで上層部に上り詰めた人物は

筋骨隆々でガタイが大きい(大きくなくとも形容できない圧力がある人物)ことが統計的に誰の目にも一目瞭然なのです。

アーミテージ元国務長官に限って言えば、ベトナム戦争の歴戦の猛者でアメリカ軍でずば抜けていました。(勿論、戦争は絶対反対ですが。)

創業者2世、3世ではなく、親類のコネもなく、実力のみで組織の中で”企業戦士”として上に上がろうとした時に、

仕事の能力に+αして、ガタイ、力、喧嘩の強さ(気の強さ)、機転を利かせる頭、イザというときの揺るぎない自信、

さらには、権力抗争などの脅し、圧力に屈しない”心の強さ”が必要になると言われています。

また創業者(起業家)にもこれら対外的な交渉力、舐められない圧力が”契約社会”ではやはり必要となってきます。

勿論、ガタイと心の強さは全く比例しませんが、少しでも強い人間に見せれるようにガタイを鍛えて補っていくのです。

よほど仕事が出来て能力のずば抜けた肉体の強くない人でも、やはり対人関係だけは円滑にできなければなりません。

ガタイを鍛えるか、、、柔和なコミニケーションスキルで対人関係を鍛えるか。

いずれにせよ、対人関係を円滑に優位に進めることが望まれる企業や政府の上層部では、

仕事の能力がずば抜けているだけではダメだと言われているのです。

ハーバード大学のビジネススクールの学生達も忙しい勉強の合間を縫って肉体を鍛えます。

アメリカ社会ではその傾向は顕著であり、昨今の総合格闘技UFCのレベル、人気、を見ても分かりますが、世界最高峰のレベルです。

強さに対する憧れ、正当性は相当なものがあります。

最終的には銃社会に屈しない、圧力に屈しない、

信念を貫ける”心の強い人”が尊敬されるのは日本もアメリカも一緒です。

“美人局”に引っ掛かるような、軟弱な精神、舐められた風貌では、

ハリウッド俳優は勿論、アメリカの企業や政府の上層部にのし上がることは出来ません。




 

アメリカのボディビルは歴史と規模が違う

またアメリカは、ボディービルディングの本場であり、IFBBのプロビルダーというのはアメリカでは神のように崇められ、年に1度のラスベガスでのボディービルディング世界最高峰の祭典Mr.Olmpia(ミスター・オリンピア)は熱狂的な人気で、アメリカ中が注目します。

実際に彼らプロビルダーと並ぶとWWEの超一流プロレスラーがスマートな体系に見えます。

マッチョで分厚いプロボディビルダー達に皆(プロスポーツ選手達)が尊敬します。

残念ながら日本人のIFBB認定のプロビルダーは山岸秀匡さんただ一人というレベルの差が存在します。

Mr.Olmpia 2006,2007,2009,2010優勝ジェイ・カトラー





ビルダー達が脚を鍛えて、遂にボディビルディングが完成された

今はアーノルド・シュワルツェネッガーの時代と違い(勿論あの頃も凄かったですが。)

選手のレベルが進化し過ぎて、完成されまくった最高のスポーツとなっています。

人類の肉体が遂に完成した。といっても過言ではありません、

2000年に突入と同時に選手たちの肉体が一気に完成されてきました。

その要因の一つが選手たちの脚が太くなり体全体のバランスが良くなったこと。

純粋な美的感覚として称賛してしまうレベルなのが、現代ボディービルディング

ノウハウがあり、設備が整った国、また遺伝子的にも白人や黒人は筋肉の成長が速いとも言われています。

アメリカ人はタバコを吸いませんし、ジムでウエイトトレーニングして一般人がボディービルディングするのが常識の国です。

マッチョ信仰が絶対なアメリカにおいて、10代であれだけアイドルになったジャスティン・ビーバー、

世界中の男性がジャスティン・ビーバーに嫉妬する中、ジャスティン・ビーバーは余暇時間でトレーナーつけて効果的にトレーニングしたんんでしょう、

やっぱりジャスティン・ビーバーは凄いなぁって感心してしまいました。
 

完成されたボディービルディング

ビルダー達の肉体が芸術的





HOLLYWOODSNAPでは、ハリウッド情報は勿論、

アメリカンスポーツである、アメフト、UFC、

ボディービルディングなど、

日本ではあまり報道されないスポーツも特集して

報道し取り扱っていきたいと思います、こうご期待!




■ HOLLYWOODSNAP : 注目の関連記事

20 Actors Who Went to Crazy Extremes For Their Roles



















10 Facts You Didn’t Know About Starbucks














music videos






















HOLLYWOODSNAPをFacebookでも応援してね!

LINEで送る
Pocket

I Like It !!

Facebook
Facebook
Google+
Google+
http://hollywoodsnap.com/%E7%B7%8A%E6%80%A5%E9%80%9F%E5%A0%B1%EF%BC%9A%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%8C%E5%8D%8A%E7%AB%AF%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%AA/">
YOUTUBE
YOUTUBE
error: Content is protected !!