ALL POST 海外セレブ ゴシップ ニュース

キム・カーダシアンのヴァンパイア・フェイスリフトで死亡者が!生き血を吸って塗りたくる美容法?

キム・カーダシアン ヴァンパイア・フェイスリフト インチキ美容法に騙される

キム・カーダシアンがやっていた吸血鬼美容法、生き血を吸って塗りたくるヴァンパイア・フェイス・リフトで悲しいお知らせ。

施術を受けた人から、ついに死亡者が出た模様、ただし施術との因果関係は不明と当局はしています。

スポンサードリンク

写真に写っている男性は医師ではありません。キム・カーダシアンの友人の芸能マネージャーです。

phot via anorak.co.uk

このキム・カーダシアンが受けたヴァンパイア・フェイス・リフトを開業して、キム・カーダシアンなどを施術していたカリフォルニア州ロングビーチの『Areli’s Beauty Salon』では、施術を受けた人がのちに心臓発作を起こして亡くなるという死亡事故が起きました。

ヴァンパイア・フェイスリフトとの因果関係は救命されていないものの、この件に対して、経営者サンドラ・ペレス・ゴンザレス容疑者が逮捕されました。

動画などでは、医師として紹介されてニュースになっていましたが、やはり根拠のない詐欺だったです。

以前から気にかけていて記事にしていたのですが、やはり、医師免許のない、人間による施術でした。

ヴァンパイア・フェイスリフトとは、自分の腕から血液を採取し、血小板と繊維状のタンパク質、おそらくフィブリンと呼ばれるものだと推測しますが、それらを採取して、

かき混ぜるたものを、顔の表面のシワに注入するとコラーゲンが生成され??シワがなくなり、肌が若返ると主張するもの。

参照:アメーバニュース




ヴァンパイア・フェイスリフトは血液の凝結作用を利用したかさぶたを作る工程に着目していますが、なぜ、それを肌のシワに注入すると、コラーゲンが生成され、シワが消えるのでしょうか??

そもそもコラーゲンの生成過程において、血液の凝結作用は全く関係ありません、コラーゲンはタンパク質であり、アミノ酸が結合したものです、それらは酵素の働きによって生成がコントロールされています。

生物学的観点から言って、全く事実と異なるというか、普通の一般常識からしても、一笑してしまう話でしかないのですが、

元々、ほっておいても色気が凄い女性でしたのに、なぜ、このようなお肌エステ???に盲信してしまうのか、全く心配でなりません。

昨今のアメリカでは悪魔教がじわじわと息を吹き替えしており、ドラックの影響もあり、このようなものが流行ったりします。

では、どうすれば体内でコラーゲンを生合成できるのか??

美容に関しては、肌をぷるっぷるにさせ若返らしたい女性が世界中に沢山います。

ほとんどの女性がそう思っています。

でも、肌の外側に美容液や化粧水を塗ってケアしても、それは、1~2週間の肌のハリがでればいい程度で、お肌の細胞自体は全く若返るどころか、皮膚呼吸を困難にさせますので、老化を促進しているケースが多いです。

そして、コーラゲンをサプリメントなどで摂取することにより、内側からお肌の水分が増すと信じられていますが、コラーゲンはご存知の通り、タンパク質の1つ、軟骨等の成分でもであり、体内のタンパク質の実に30%を元々占めているものです。

phot by wakasanohimitsu.jp

ですので、摂取することは一見+ではありますが、

コラーゲンは、なにもコラーゲンとしてサプリメントとして取らなくても、体内で必要に応じて生合成されます。

そもそもタンパク質はアミノ酸の結合の組み合わせ、末端の元素の種類によることだけで、性質が大きく変わってしまう、例えるならばおもちゃのレゴの組み合わせの産物です。

アミノ末端とペプチド末端からなるアミノ酸のペプチド鎖という小さな単位の組み合わせにより、違う名前、違う働きをしていくものです。

コラーゲンとしての名前を得て、コラーゲンの働きをする際には、細胞内の遺伝情報をもつDNAがコピーであるRNAに翻訳される際に補われる酵素が重要な役割を果たします。

phot by hyperphysics.phy-astr.gsu.edu

上の図がDNAからmRNA(メッセンジャーRNA)に遺伝情報がコピーされ翻訳される様子ですが、

アメーバ状になっているRNA polymerase /ポリメラーゼこれが反応を触媒して促進するプールとなり、その後の工程で、

この翻訳語修正酵素(タンパク質)と呼ばれる、グルコシラーゼとガラクトシラーゼなどを補ってやることが大事です。

しかし、この細胞内のミクロな世界でピンポイントに細かい物質を補うのは不可能でしょう。

そもそもがもともと全て体内に「ある」物質です。

つまり、人間の体にはもともとコラーゲンを十分な量を生成する能力が備わっており、体内の30%のコラーゲンが、お肌にしっかりと行き渡るのにどうしたらいいのかを考えるほうが大事なのです。

 

 

是非、美容に対する本質的な見方を養って、

健康的なライフスタイルの実現を情報リテラシーと共に養っていきたいものですね!

〇〇の雑誌、TVが言っていたからと鵜呑みにせずに自身の体からの声を冷静に聞いて健康を追及していく姿勢を身に着けたいものです。



LINEで送る
Pocket

error: Content is protected !!