海外セレブ ゴシップ ニュース

ジャスティン・ビーバーにモデルの新恋人登場!?

ClevverNewsによると、プライベートジェットでパナマ共和国でバカンスしているジャスティン・ビーバーにどうやら新恋人!?のモデルが連れ添っているそうです。

スポンサードリンク

新恋人と噂されるチャンタル・ジェファリーズ(Chantal Jeffries)というモデルですが、とくにまだこれといってモデルとして有名なわけでないこの女性ですが、最近ずっとジャスティン・ビーバーの隣でパパラッチされているラテン系の女性です。

snap via instagram/chanteljeffries

アメリカで彼女をよく知る知人はジャスティン・ビーバーに対して、「気をつけろ彼女に利用されるな!」とアドバイスされるほど、このチャンタル・ジェファリーズというモデルさんは社交術に長けており、セレブに面会しては週末のパーティーガールになり、そこからチャンスを広げることが非常に得意な人物だそうで、ジャスティン・ビーバーの悪友ラッパーのリル・ザともツイッターで繋がっていたり、アメフト選手やその他著名人との関係もちらほらしています。

アメリカではホットでグラマラスボディーのキム・カーダシアンに似たこの新恋人!?のモデルさんは、車のギアチェンジのスティックバー同様に男性を扱うことに長けており、ジャスティンは売名に利用されているのではないかという声が多数を占めています。

どうどうと一緒に旅行するところをみると、セレーナ・ゴメスとはもう友達なんでしょう、セレーナ・ゴメスはジャスティンの悪友のリル・ザなどがジャスティンをクスリ漬けにしているという理由から、彼ら悪友を追い出さないことに愛想を尽かしているという報道もあります。

最近、ジャスティン・ビーバーの家政婦はこの状態に非常に懸念しており、「彼はとてもフレンドリーで才能あるアーティスト」と評した上で、悪友達により、ジャスティン・ビーバーの家ではドラッグパーティーが開かれマリファナが自宅に宅配されてくる、彼がマイケル・ジャクソンのような最期を遂げてしまいそうで心配である、と証言しています。

アメリカ人はどうしてそろいもそろってグラマラスなボンキュッポンな女性が好きなんでしょうか、日本人のような自然な体系の中にこそ究極の曲線美が存在しセクシーさを感じるのですが、アメリカ人はビックマックばかり食べているせいか、なんでもビックサイズを好むようです、全人種がしのぎを削るあの国では個性の突出、自己アピールをより迅速に簡潔に行うにはこのようなビックな派手さが必要となり求められてきたという歴史的文化背景があるのかもしれません。

ジャスティン・ビーバーの新恋人チャンタル・ジェファリーズ

スポンサードリンク

HOLLYWOODSNAPをFacebookでも応援してね!

LINEで送る
Pocket

error: Content is protected !!